エッチな体験談

父と不倫な関係に堕ちています[エロ話まとめ]

私は16歳の高校生です。
学校のパソコンで色々みていたら、このサイトに当たりました。
実はとても、この近親相姦に興味があったんです、何故かって・・・それは、私が今、父と不倫な関係に堕ちているからです。
父と母は私が生まれて直後、離婚したらしいのです。

ですから私は父を全く知りませんでした。
母と二人で暮らしていたのですが、昨年母が悪性の癌にかかり、敢え無く亡くなりました。
兄弟も姉妹も居ない、たった一人の孤独になってしまって、親戚の叔母さんに引き取られておりました。

叔母が連絡したのだと思いますが、暫くして父が迎えに来てくれました。
父の顔も忘れて居たものですから、突然父と面会して、本当の所とても驚きました。
父はタイル張りの仕事をしていて所謂、職人です。



叔母に云われて、父と逢う初めての日はとても緊張しました。
小説等で、別れていた父と面会して、その父が素敵な人だった・・・なんて読んだ事が有って、それが現実に自分の事に為ると、考えましたから、真の父に逢う前まではドキドキでした。

でも逢って見て、職人丸出しの父には驚きでした。
まるで想像と違っていたからです。
髭面で、頭に手ぬぐいを巻いている様な、道路工事で良く見かける、労働者の風体でした。
いえ、私はイケ面を求めていたのではありません。
はっきり云って、初めて逢う父には教養が無いのです。

嫌でしたが、叔母の家も嫌だったので、父が済んでいる江東区のアパートへ移りました。
今年の夏でしたが、一緒に暮らして数日後、父が何処か建築現場の建前とかいう儀式に出ていて、相当に酔っぱらって帰ってきました。

初めて見る中年男の酔っ払いは、恐怖でした。
「水!」と父が私に云って、私が慌てて、キッチンからコップに入れた水を渡すと、まるで動物の様にゴクゴクと汚く飲んだのです。

そして酒臭い息をプアーっと吐いて、そのまま居間で寝てしまいました。
折角、今夜一緒に食べようと作った夕食でしたが、明日学校も早いので、私は一人風呂に入って先に自分の部屋で寝てしまいました。

その夜更けです。
妙に胸が重たいので、薄眼を開けると、なんと父が、私の下腹部を舐めているのです。
私はビックリして、お父さん何するの!っと叫んだのです。

父は私の股の間から赤黒い顔を出して、お前のオマンコ美味しいよ・・って云ったのです。
私は実の娘ですよ、その実の娘の性器をオマンコと云う父に物凄く嫌悪感を持ちましたが、両股をガッチリと職人の腕で開かれた私は身動きできませんでした。

口を大きく開けた父は再び、私の股に顔をつ込んで、ビチャビチャと音をたてて、性器を滑り始めました。

嫌々をしても、蛇のように絡んで来る父の舌が私の性感を刺激して、まるで、ぬるま湯につかった、暖かさで、本当の事を言うとかなり気持ち良かったのです。

やがて父は自由に為らない私の下着を剥ぎ取って、私の身体の上にに馬乗りになり、父の青筋が立った、色グロの太い性器をブスリと差し込んだのです。
私は、勿論処女ではありません、高校2年の時、当時のボーイフレンドと既にセックスは体験済みです。

ですから、父が言う私のオマンコは塗れ濡れだったろうし、抵抗感も無く父の太い性器を受け付けたのだと思います。
父は、私の口を思い切り吸って、私が好きだと叫びながら、グイグイと腰を廻して来ました。

私は驚き半分で父の為すがままに為っていましたが、そのうち、どういう訳か快感が下腹部に走りました。
父の腰の動きに合せて上下して居る自分が信じられないように、下腹部が気持ち良くて、何度か痙攣して、放出して、しまったようです。

父は、どうだ、俺のキンタマは太いだろ、とか、オマンコが気持ちいい、と云えとか云いながら何度も何度も攻めてきました。
私もまるで夢遊病者の様にオマンコ気持ちいい、オマンコ気持ちいいと云ってしまいました。

そして父がキンタマ欲しいと云え、云えばもっと気持ち良く為るからと私の腹の上から命令してきました。
オマンコ気持ちいい、キンタマ太いと私は云いながら、父の動きに合わせて腰を突き出すと本当に何も云わないで腰を使うより、気持ち良かったのです。

父がウガーと云いながら、私の肩に歯をあてて、痙攣しました。
私の下腹部に、はっきりと父の精液が熱く迸るのを感じました。
それは水道水が蛇口から吐き出るような勢いで私の性器に挿入されたのです。

私も思わず、痙攣して一緒に逝ってしまいました。
父が逝く時に、キンタマが好きと・・・云えと云いますから、云いながら、逝っちゃたんです。

その時父がオマンコもっとやりたい!もっとやりたい・・と恥ずかしい言葉を連発させながら、腰を入れて来ました。
以来、毎夜父が布団の中に入ってきて、オマンコ欲しいと身体を求めて来ます。

勿論そんな時私は必ず父にキンタマ好きと云わされます。
でも云いながらセックスする快感の良さに私はビックリしています。

相手は父ですが、この言葉の深い意味を探りながら、セックスする癖は相手が父で有ろうが関係なく私には未知の世界でした。
父とセックスした事を悪い事だと思っていません、職人の力強さに押されて、私はいつしか父との性を待ちうけていました。

父の太いキンタマを毎夜握って寝ます。
父も毎夜、毎夜、私のオマンコを舐めて、優しくしてくれます。
今迄離れていた分だけ父は私を抱いてくれるし、きっと母も許してくれると思っています。



関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


オマンコセックス快感キンタマ
クラスの卒業パーティーでのエッチな体験[アダルト体験談]
PREV
NEXT
太腿の近くから舌でペロペロ…[エロ話]