エッチな体験談

酔った友達の彼女に誘われてなし崩し的にエッチ

以前、友達と友達の彼女、俺の3人で友達の彼女の家で飲んでいた。

大分酒が入った頃に友達カップルはささいな事で喧嘩を始めてしまった。キレた友達は怒って帰ってしまい彼女は機嫌悪そうに急ピッチで酒を飲んでいた。

俺は何もする術なくそんな彼女に「ってかあいつも本気じゃないから明日仲直りしなよ」と慰めながら相手していた。そのうち、もともと酒に強くない彼女は酔ってきて「暑い」とキャミソール姿になった。


目のやり場に困り「俺いるんだし何か上に着なよ」と言ったら「なによ。俺くんって童貞?」とからってきた。「そーそー。だからあんまり刺激しないでね。襲っちゃうから」俺は適当に流してそこら辺の片づけを始めた。

彼女はそのうち本格的に酔ったらしく床に寝ころんだ。その拍子に飲みかけのチューハイを彼女が倒してしまい、俺にまともにかかってしまった。

酒臭いしでさすがに気持ち悪くなり俺は寝ぼけてる彼女に許可をもらいシャワーを借りた。シャワーを浴び酒と汗を流しているとガチャっと扉が開いて全裸の彼女が浴室に入ってきた。

「私も一緒に入る」彼女はそのまま俺に後ろから抱きついてきた。 こりゃヤッてもいいよな、いやダメだ相手は友達の彼女だ、でもこんな機会滅多にないしなとか色々な考えが頭を巡る。

彼女は顔も可愛いしムネもでかい。ヤッてみたいとは思う、しかし友達の事裏切るのも後ろめたい。しかし「やっぱり俺くんってドーテー?」て彼女の言葉で俺のハラは決まった。

彼女を壁にもたれさせキスし「やってもいいって事だよね」とそのまま首、胸、へそと舌をはわせた。「ん・・・」彼女は甘い声をだしはじめそのまま抵抗することなくあえいでいる。

俺は立たせたままクリをなめ指で十分ぬれてることを確認しそのまま立ちバックした。浴室で声を響かせる口をキスしてふさぎ、彼女がイッた後、俺も彼女にかけた。

シャワーで精液を流し、ベッドに移動し背中、脇、ふとももと舐め続けた。「あ・・だめ・・・」と息を切らせている彼女が俺のモノを手でまさぐりそのままフェラし始めた。

うまい。舌の感触が背筋をざわざわさせる。イキそうなので彼女の口からそっと抜き、そのまま彼女に挿入したら、結局朝まで幾度となくやり続けた。

後日、友達と彼女は仲直りし今でも付き合い続けてる。俺と彼女の事は未だに秘密だし、おそらくこれからも話すことはないだろう。・・・持ち帰ったってよりは誘われた話だったw
関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


2年続いたセフレとのお別れエッチが物凄く燃えて中出ししてしまった
PREV
NEXT
同期の女友達と友だちではいられなくなった夜の話