エッチな体験談

泣きながら受け入れる女の子・・・

友情が性欲に負けた時の話です。

俺は23歳で看護学校を卒業して看護師になった。

同期で一つ下の俊二、啓介も同じ病院の看護師として働いてて俺達は仲が良かった。

そして優子ちゃんと直子ちゃんと美恵ちゃんも同期で仲が良かった。

女は他にも何人かいたが、この3人とは意気投合してよく飲みに行ったりしてた。

俺達3人は男性なので、寮は院外の普通のワンルームマンションだったが、優子ちゃんの部屋には何回か上がりこんで、飲んで愚痴等を話してストレス発散していた。

もちろん直子ちゃんか美恵ちゃんがいるときだけだった。

さすがに仲のいい同期といえども女一人に男3人は恐いのであろう。
もちろん優子ちゃんの部屋に行くと言っても友達としてで、彼氏もいると聞いてるので恋愛感情や、異性という意識も無かった。

この日までは・・・俺達3人と優子ちゃんは次の日偶然にも休みが重なって、優子ちゃんの部屋で飲もうということになった。

直子ちゃんと美恵ちゃんは次の日は仕事だったが、OKしてくれて、酒をたくさん買い込んで優子ちゃんの部屋に集まった。

いつものように患者の愚痴や、医師の愚痴で盛り上がっていた。

優子ちゃんはお酒に弱かったが、直子ちゃんも美恵ちゃんもいるのと、自分の部屋だということでいつもより飲んで、完全に酔っ払っていた。

夜も11時を回り、まず直子ちゃんが明日早いからと自分の部屋に帰って行った。

それでも俺達5人は飲みまくっていた。

優子ちゃんは完全に目が虚ろになっていて、倒れるんじゃないか?という程飲んでいた。

そして12時半頃、優子ちゃんは完全にダウンしていた。

さすがに眠っている女の子一人を置いて帰れないといった感じの美恵ちゃんだったが、「あたしもそろそろ寝ないとやばいんだけど・・どうしよ・・」と、困った感じだ。

友達相手に変な気を起こす訳がないと思ってた俺は「もうそんな時間か。俺達もこれだけ飲んだら帰るわ」飲みかけのお酒を指指して言った。

「いいよ、後は俺達が片付けて帰るから先帰んなよ」

「あ、優子ちゃんつぶれてるから寝室運んであげて」と言うと俊二が「こんなに飲むからじゃ〜!」と笑いながら言って優子を担いで寝室へ行った。

「そんじゃ先帰ってもいい?」と美恵ちゃんが眠そうな顔で聞いてきたので「ほいよ!俺達ももうすぐ帰るから。また飲もうね〜。おつかれ〜」と言って美恵ちゃんを送り出した。

優子ちゃんの部屋には泥酔して眠っている優子ちゃんと俺達3人だけとなった。

俺は啓介と話しながら残りの酒を飲んでいた。

それから10分くらい経ったであろうか「あれ?俊二の奴帰ってこねぇな。

何やってんだろ?」俺は啓介に目で合図を送って見に行く事にした。

「俊二〜」と呼びながら寝室のドアを開けたとき、動きが固まってしまった。

優子ちゃんはベッドに横になってて、片膝立てて眠っているのだが、その足元では俊二が優子ちゃんのスカートの中をじっと覗いているのだ。

(ここからは全てヒソヒソ話です)

「おいっ!何やってんだよ!」俺が俊二に言うと「しーーーーー」と指を口の前で立てて、手招きしてきた。

俺達は静かに俊二の方へ行くと、俊二が優子ちゃんのスカートの中を指指した。

俺達はその指した指先の方を見た。

片膝立ててる為、スカートの中は丸見えで、優子ちゃんの純白のパンツが丸見えだった。

ゴクリ

俺と啓介が同時に生唾を飲み込んだ。

優子ちゃんのパンツが丸見え。

彼氏もいるとの事で、異性としては見てこなかったんだが、同期の優子ちゃんのパンツを見てからは何かが崩れるようだった。

「ちょっと脚広げてみるわ」啓介が言う。

「やめろって!起きたらどうすんだよ!」俺は止めるが「平気だって!」啓介は片膝立ててる左足と反対の伸びきった右足のかかとを静かに持ち上げると、ゆっくりと脚を広げていった。

俺は口では止めていたが、見たいという欲求に勝てずに、ただ見守るだけだった。

そして脚が大きく開いた。

優子ちゃんの顔を見るが、起きる気配は全くなかった。

両脚を大きく開いた優子ちゃんの股間部分は、パンツを履いているとは言え、ものすごくエロチックで興奮してきた。

みんな優子ちゃんの股間から30センチくらいの距離で優子ちゃんのパンツを眺める。

「すげー・・」優子ちゃんのパンツを見続けるといつしか勃起してしまっていた。

突然俊二が優子ちゃんのパンツの上から割れ目に沿って指でツーとなぞりだした。

「やめろって!起きるぞ!」「大丈夫だって!直彦もやってみろよ」そう言われると俺にも好奇心があるので、そっと指をパンツの上から優子ちゃんの割れ目に沿ってなぞってみた。

すげー

あそこに触ってる

もうズボンの中はいつ爆発してもおかしくない状態だった。

俺は何回も何回もなぞり続けた。

そして、この布切れの中が見たいという気持ちが強まってきた。

でも、それだけはいけないと思った。

しかし見たい。

でもそんなこと切り出せないと自分と戦ってるときに啓介が「中見たくね?」と言い出した。

俺はよくぞ言ってくれた!という気持ちで「俺がやる」と言うと、優子ちゃんのパンツの股間部分の端をゆっくりと摘んだ。

みんな一斉にゴクリ・・と生唾を飲み込む。

そしてゆっくりとパンツの端を摘みあげる。

あとは横にずらせば優子ちゃんの性器が・・・・

同期で仲の良い優子ちゃんの大事な部分をこんなやり方で見てもいいのだろうか。

ここは自分が気を許した人にしか見せてはいけない場所。

しかも、彼氏がいるのに彼氏でもない俺達が見てしまってもいいのだろうか。

これをめくったら友情関係が壊れる。

そんな事が頭を過ぎりながらも摘んだパンツをゆっくりと横にずらしていった。

「すげー・・・」優子ちゃんの性器が露わになった。

こんな間近で見る優子ちゃんの割れ目。

「すごい」の言葉以外出てこなかった。

そして顔を近づけるとツーンと特有の匂いが鼻に入ってくる。

その匂いが更に俺達を興奮させていく。

俊二が「ちょっと指で広げてみろよ」と言う。

俺は反対の手の指で優子ちゃんの割れ目の両側に触れる。

すげー

優子ちゃんの性器に触ってる・・・

そして指をゆっくりと広げる。

優子ちゃんのおまんこが完全に露わになった。

みんな優子ちゃんのおまんこに釘付けだった。

そして5分くらい見続けたとき、俊二が「そのままにしてろよ」と言うと携帯を取り出し、優子ちゃんのおまんこを写しだした。

「あとでお前らにも送るからな」というと10枚くらい撮り続けた。

もう、俺の理性も完全に崩れかけていた。

俺はゆっくりと指を近づけ、優子ちゃんのクリトリスに触れた。

そしてちょっと力を入れて、指で押し続けながら円を描くように弄りだした。

優子ちゃんは起きる気配は全く無い。

「気持ちいいかな?」

「どうだろ」そんな会話をしながらクリトリスを弄り続ける。

その答えははっきりと形をなって現れた。

優子ちゃんの閉じきった割れ目が力を加えなくてもパックリと開いてきてるのだ。

そしてその奥には光に反射した液体が・・「すげー・・感じてるんだ・・」俺はそのままクリトリスを弄り続けたがもう我慢できなくて、舌でペロッと舐め始めた。

そして5回くらい舐めると「俺にも舐めさせろ」と言ってきたので交代で優子ちゃんのおまんこを舐めた。

10分くらい舐めたであろうか、優子ちゃんのおまんこからは愛液がたくさん溢れ出てきている。

「ああ〜、もう我慢できねぇ」俺は優子ちゃんのおまんこを舐めながらズボンとパンツを下ろし、自分で扱き出した。

「ああ〜、すげー・・優子ちゃんのおまんこ・・・」手はシコシコと扱いてるが、あっという間に射精しそうになって手を止めた。

「なぁ?入れたらまずいかな・・?」俺はついに言ってはいけない事を口にしてしまった。

「さすがにそりゃまずいだろ!」と反対の声。

「でも、もう我慢できねぇ・・」

「それはまずいって!」

「なんか、もうどうなってもいい・・。お前ら優子のまんこに入れたくね?」そう聞くと沈黙となった。

きっとみんなも優子のあそこに入れたいに決まってる。

そして「ゆっくりなら大丈夫じゃね?」と同意の意見が出た。

「そうだよな。こんなに爆睡してるし」

チラッと優子ちゃんの顔を見る。

何事もないように気持ちよさそうに寝ている。

俺は意を決して、チンポを持って優子ちゃんのあそこへと近づけていった。

そして、チンポの先端部分が優子ちゃんの割れ目の入り口に触れた。

みんな生唾を飲んで(起きるなよ〜)と見守っている。

当てがったチンポをゆっくりと前に押し込む。

濡れているせいでにゅるっと亀頭全体が中に入った。

「入った」ものすごく感動的だった。

あの同期で友達である優子ちゃんのおまんこに俺のチンポが入っている。

こんなことありえない。

でも現実に優子ちゃんの中に入ってる。

SEXは愛し合ってる人同士で行うものなのに、友達の俺のチンポが優子ちゃんのおまんこに入っているのだ。

俺はゆっくりとチンポを奥に入れる。

すげー気持ちいい・・・そしてゆっくりと腰を引く。

そして再び腰をゆっくりと前で突き出す。

異常な興奮を覚えて、いきなり射精感が込み上げてきた。

「出そ・・・ティッシュ持ってきて」俊二がティッシュを持ってくると5〜6枚抜き取って、優子ちゃんの両脚の間に敷く。

いつでも射精できる準備をすると再び腰を動かし始める。

ゆっくりと一突き・・二突きするともう限界だった。

「もう駄目!」俺は優子ちゃんのおまんこからチンポを抜くと、自分で扱いてティッシュ目がけて射精した。

「はぁはぁ・・気持ちよかった・・・」そう言うと「お前早すぎだろ!」と啓介が馬鹿にするように言う。

でも俺は優子ちゃんとやったという満足感でいっぱいで気にしなかった。

「次俺いい?」と啓介が言うと優子ちゃんのおまんこにチンポを入れていった。

「すっげ〜気持ちいい・・」そう言いながら5〜6回出し入れすると「やべ!ティッシュ、ティッシュ!!」差出したティッシュ目がけて勢いよく射精した。

・・・何だよ、お前も変わんねぇじゃんか・・・と思いながら見届ける。

「やっと俺の番かよ」と俊二が待ってましたとばかりに優子ちゃんに挿入していく。

さっきまでは仲の良かった優子ちゃんのおまんこに俺達3人のチンポが入ったんだ。

そう思いながら優子ちゃんの顔を見る。

起きる気配はないが、時折苦しそうな表情を見せる。

俊二も異常に興奮したのか、いつの間にか腰を思いっきり突いている。

激しく突いているので、突く度にパンパンと音がする。

これはやばいだろと思って「おいっ、激しくやるなって!起きたらどうすんだよ!」あまりに激しく突いているので俺は起きるのでは?と恐くなった。

「大丈夫だって!起きるんならとっくに起きてるって!ああ、気持ちいい!!」更に射精に向かって激しく腰を突く。

そのうち、優子ちゃんの口から「うんっ、うんっ」と突く度に声が漏れるようになった。

やばいんじゃねぇか?・・・俺は真剣に恐くなった。

そしてはやく終わってくれと願った。

その時!!!!

優子ちゃんの目がパチッと開いたのだ!!!

え?やべぇ!!!

そのことを俊二に告げようとする前に「ちょっと!!!何やってんのよ!!!」優子ちゃんがびっくりして叫んだ。

「わ!?やべ!!!おいっ!!手押さえろ!!!!」俺はどうしていいかわからずに気が動転して、言われるがままに優子ちゃんの両手を思いっきり押さえつけた。

そして俊二は優子ちゃんの口を思いっきり押さえて「ああ、気持ちいい!!いきそ!!」とガンガン腰を突いている。

優子ちゃんは「んんーーー!!!んんーーー!!!」ともがく。

「ああーー!!!いくっ!!!!!」

俊二は優子ちゃんのおまんこからチンポを抜いて、自分の手で思いっきり扱いて優子ちゃんの布団の上に射精した。

そして事の重大さを認識して優子ちゃんから手を離した。

優子ちゃんは泣いていた。

そして泣きながら「なんでぇ・・・?」と呟く。

俺達は「ごめん・・我慢できなくて・・」と誤った。

優子ちゃんはただ泣くばかり。

俺は汚れた布団を綺麗に拭き取ろうと優子ちゃんの足元に移動した。

すると、あまりのショックで脚を閉じずに開いたまま泣いているので、優子ちゃんのおまんこは丸見えだった。

意識のある優子ちゃんのおまんこ・・・布団を拭いているフリをして優子ちゃんのおまんこに目をやる。

この後警察に通報されたらとか、新聞に載るのだろうかとか、親に申し訳ないと言う悪いことが頭をよぎる。

そして優子ちゃんのおまんこを見ていると・・・

どうせそうなるんだったら・・

どうせそうなるんだったら・・・

そう、開き直りの答えが出てきた。

「俊二、さっきの写真かして」と言って、携帯をもらう。

そしてそれを持って泣いている優子のとこに行く。

「本当にごめんな。今日のことは俺達だけの秘密にしとくから」

優子はただただ泣くばかり。

「俺達は秘密にしとくから優子ちゃんも変な事考えないようにね」

そう言って、携帯の画面を見せ付けた。

そこには優子ちゃんのおまんこがはっきりと写っているのだ。

その画面に目をやると、すぐさま目を反らして泣き続ける。

大丈夫であろう・・・

そう思った俺は再び優子ちゃんのおまんこに顔を持っていっておまんこを舐め始めた。

抵抗しない・・・そう、まったく抵抗しないのである。

完全に諦めたのか、力が入らないのか、全く抵抗しない。

いける!!

俺はそう確信して激しく舐め続けた。

もう絶対に友達には戻れない。

ならばやることはやっておこうと思った。

「おい、全部脱がそうぜ」ボソっと俊二達に言うと3人がかりで優子ちゃんの服を脱がせた。

俊二と啓介が上半身からシャツとブラを抜き取り、俺はスカートとパンツ、そして靴下を脱がせた。

さっきまで友達だった優子ちゃんが一糸纏わぬ姿でいることに物凄く興奮した。

優子ちゃんはもうどうなってもいいという感じなんだろうか。

泣くばかりで全く抵抗しない。

3人で優子ちゃんの身体を弄り、舐め回し、そして俺は優子ちゃんの両脚をぐっと押し開いて、チンポを優子ちゃんのおまんこに当てがった。

それでも全く抵抗しない。

にゅるっとあっけなく挿入して、腰をガンガン振り続けた。

そして、結局この日は交代で挿入して、俺は4回、俊二も4回、啓介は3回優子ちゃんとやった。

そして朝方、素っ裸で精子まみれの優子ちゃんを部屋に残して俺達は去った。

次の日が訪れるまでは恐くて仕方なかった。

いつ警察が来るのか。

いつ警察から電話があるのかビクビクしていた。

そして次の日・・・優子ちゃんは来なかった。

次の日もその次の日も、あの日以来優子ちゃんの顔を見ることはなかった。

優子ちゃんには悪いが、俺達はホッとした。

でも、直子ちゃんと美恵ちゃんからはかなり疑いの目で見られた。

もちろん何も知らないと答えるが、信用してない様子で、直子ちゃんと美恵ちゃんも俺達から遠ざかって行った。

そして変な噂も流れて、俺達は居辛くなり、退職した。

性欲が友情に負けたとき、全てを無くすことを知った。
関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


セフレのエロい乳首w
PREV
NEXT
元カノとのエッチ体験