エッチな体験談

同じアパートの隣りのおばさんで初体験 [エロ話まとめ]

今から30年前11歳の時初体験をした
相手は同じアパートの隣りのおばさんで40歳ぐらいだったと思う
俺の親は共働きで夏休み1人で家で遊んでると隣りのおばちゃんが
家に来てジュースでも飲まないかと誘ってくれた

俺は隣に行きおばちゃんと色々話しをしながらジュースを飲んでると
おばちゃん急に俺にチンチン見せてと言った
俺が下を向いたまま黙ってると俺の側に来て俺を立たせて
ズボンとパンツを脱がされた



おばちゃん嬉しそうに笑いながら「皮被ってるんだね、でも大きいわね」
「おばちゃん恥かしいよ」
「大丈夫、気持ちいい事して上げるからね」
そう言うとおばちゃんはチンポの皮を剥いた
そして下でアイスクリームを舐めるように舐め回し
チンチンが大きくなると「気持ちいいでしょ?もっと気持ち良くして上げるね」
そう言いながら口の中にチンチンを含み頭を動かし唇で扱き出した

俺は凄く気持ち良くてチンチンから何かが出た
その瞬間今までに味わった事の無い快感で凄く気持ち良かった
おばちゃん俺の出たものを口に貯めて俺に見せた後飲み込んだ

「美味しかったよ、カッちゃんのお汁。気持ち良かった」
「うん、凄く気持ち良かった。でも飲んで大丈夫?」
「大丈夫よ、おばさんお汁大好きなの」
そしておばちゃんは俺の前で服を全部脱ぎ裸に成ると
俺に胸を触らせたり舐めさせたりした

俺は赤ちゃんの様におばちゃんの乳首を吸いおばちゃんは気持言いと言う
そして足を広げて「ここ見たことある?赤ちゃんが出る所よ」
「見たこと無いよ」
「近くで見てごらん」俺は近づき始めて見るオマンコにビックリした
「おばちゃん、気持ち悪いよ」
「始めはみんなそう思うのよ、触ってごらん」
俺は恐る恐るオマンコを触るとヌルヌルしていた

おばちゃんに言われるままにオマンコを触らされて
指を穴に入れさせられ出し入れするように言われた
おばちゃんに言われるままに指を入れたり出したりしてると
今度は舐めるように言われて俺が嫌だといったが
無理やり顔に跨ってきて口にオマンコを押し付けられた

俺はおばちゃんに言われるまま
必死でオマンコを舐め回すと穴からドクドクとお汁が出てくる
そし太おばちゃんは気持いい気持ちいいと言いながら
今度はチンチンを持ちゆっくり腰を下ろしてオマンコの穴に入れた
凄く中は暖かくヌルヌルしてる

おばちゃんは身体を上下に動かし変な声を出してた
そして僕はまたさっきみたいにチンチンからお汁が飛び出した
でもおばちゃんは俺のチンチンを舐めて大きくすると手招きされて
穴に入れると腰を動かす様に言った

こんな感じでこの日は終わったが次の日から毎日おばちゃんとエッチをした
そんな関係が何ヶ月も続きその頃には俺は一人前の男で
激しく突き捲くりおばちゃんを喜ばせる事の出切る男に成った
このおばちゃんとは1年ぐらい関係を持ったが親父の仕事の関係で
引っ越す事になり離れてしまった

それいらい俺は熟女がすきになり15歳で熟女の女を楽しみ
おばさん達も俺のチンポに虜になった
しかし今は40歳を越えて若い女が好きになり
俺のデカチンで若い女を責めるのが大好きだ



関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


デカチンチンポオマンコ乳首
毎日の様におばさんの家に行きセックス[エロ話] 
PREV
NEXT
なんて君って淫乱なんだろうこんなに汁があふれてくるよ・・・[エロ話]