エッチな体験談

成人式で再会した元彼の目の前で・・・

なんか急に思い出して、誰かに発表したくなったので、
私の成人式の時の話をしたいと思います♪

私の成人式は地元のホテルで行いました。

紫の振袖にフェザーシュールを羽織って友達と行きましたね♪

受付をして、会場に入ると懐かしい顔ぶれ。

!式典にはまだまだ時間があったので、
しばらくみんなとの会話を楽しんでいました。

式典もそろそろ始まるという時に、
トイレに行こうと思い一旦会場を出ると、
そこで大和(中学3年生の時の元彼)と出くわしました。

「佳奈じゃん、俺のことわかる?大和だけど」

と言われ、パッと見は誰かわかりませんでした。

中学の時はチビで、メガネだったんですが。

180㎝くらいにまで伸びていて、茶髪に。

それにメガネがない、しかもちょっとかっこいいし。

当時はド変態だった大和に強引に犯されたんですよ。

でもチビだった割におちんちんが大きくて、
そこに魅力を感じて付き合っていました。

中学校で毎日エッチしてましたからね~

それで懐かしい話をしていると、大和が私の耳元で

「久々にどう」

と言ってきました。

「はい!」

と答えると、大和は私の手を強引に引っ張り、
ホテルの奥の方へ連れて行きました。

そして奥にはトイレがありました。

私は男子トイレに引っ張られ、大和と2人で個室へ。

なんでこんなところにトイレあるの知ってるのさ?と聞くと、

「高校の時ここでバイトしてたからさ」

と軽い返答。

「久々にしゃぶってくれよ」

と言い始め、もうズボンから出していました

でも誰かきたら?と聞くと、

「ここにトイレあるの知ってるやつねんていねぇーよ」

と適当返事。

取りあえずしゃぶるだけなら~って思って、
大和のおちんちんを見ると、昔よりデカチンに。

それを見た時胸がキュッとなったのを覚えています

早速しゃぶり始めると、

「佳奈相変わらずうまいな~」

と褒めてくれました。

するとすぐに「出そう、いやッ出る!」
とものの数分で私の口の中に発射。

取りあえず私は久しぶりに再会した
元彼のザーメンをそのままごっくん。

「ごめんね~最近溜まっててでちゃった~!」

と今度は私が便器に座らされ、
振袖を捲られ、パンツを脱がされ
「お返し」とクンニから始まり手マン。

「あっ」

とついつい声を出してしまう場面が多々あったのですが、
私はおしっこを我慢しているのを忘れていました。

手マンで刺激されればされるほど出ちゃいそうに。

そして我慢の限界が来ちゃいました。

大和に「おしっこ出る、避けて」
と叫んだ直後に、個室のドアに向かい、
すごい勢いでおしっこを発射。

もう床はべちゃべちゃですよ。

元彼の前で放尿しちゃうなんて、
すごい恥ずかしいけど、
それを見た大和はなぜか再勃起。

「良いもの見れた」

とい言って喜んでいました。

すると、大和は何も言わず私と合体。

あっと私がいうと「もう入っちゃった」
と全力で腰を振り始めました。

声を我慢しようにも奥に当たるは、
太くて擦れるはで無理です。

トイレで叫びに叫び、

「あぁ~、気持ちィ~」

手マンの後だったので、
割とイキやすくなっていたみたいで、
「やまとぉ~!佳奈いっちゃう~!」
と叫ぶと「イケ」と腰をガツガツ振ってきます。

そしてあっという間に、佳奈撃沈

それでもヤマトは腰を振るのをやめず、
私がいったことなどお構いなし。

それから3回くらいイカされ、
「佳奈~中出しすんぞ~」
と私に休む暇を与えず、さらに早く腰を動かします。

「むり~ダメぇ~イクイクぅ~」

そして

「あぁー」

と私が叫びイクと同時に、
大和のおちんちんも波打っていました。

私も便器から飛び上がる位の痙攣が身体を襲いました。

しばらくそこから動けず…大和は私の口におちんちんを差し出し、
「掃除して」と無理やり口の中へ。

仕方ないのでお掃除フェラをして、
おまんこの中の精子をかき出してと作業してトイレを出ようとしました。

すると大和が

「最後に佳奈のおっぱいが見たい」

というので、振袖が崩れないよう丁寧に上だけ脱ぎ、
ブラを外しパンツと一緒に横の台に置いて、
ドンっ!!と見せてやりました!!

大和はニコニコしながらおっぱいを揉んだり舐めたり、
スマホで写真を撮ったりと楽しそうでした。

私はそのまま振袖を羽織って、
大和と一緒に会場へ戻りました。

その時は気付いていなかったのですが、
下着類を置きっぱなしにしてることも忘れて

会場にもどるともちろん式典は始まっていましたが、
すぐ終わってしまい、また友達とぺちゃくちゃとお話をして、
そのままみんなで飲みに行こうという事になりました。

取りあえずホテルで一時解散ということになり、
私も帰ろうと入口に向かうと、後ろから肩を叩かれました。

振り向くと私服の男性が二人

「おねぇーさんちょっと時間ある??」

とそう言われて、なくはないですけど…と答えると

「ちょっと向こうで話しない??」

とホテルの角の方へ連れて行かれ、

「僕たち雑誌の編集者で、成人を迎えた若者の特集をやっていて、
インタビューを行っているんだけど協力してもらえないかな??」

と言われ、構いませんよ!と安易に答えてしまいました。

「一応上に部屋取ってあるからそこでいいかな?
と言われ、はい!!と返事をして部屋に案内されました。

部屋に入ると、ビデオカメラも置いてありました。

でも私は何のためらいもなく椅子に座り、
そのままインタビューを受けることに

最初は、自己紹介から始まり、

「成人になってどう」

とか

「これから何がしたい」

と聞かれたりしていたんですが、途中から

「佳奈ちゃんおっぱい大きいねぇ、何カップ」

と聞かれ始めました。

素直にGカップかな~と答えると、男性が1人私の後ろに回り、

「見たいな~」

とおっぱいを揉み始め

「佳奈ちゃんノーブラ」

と言われました。

そんなことないけど、と答えたかったのですが、
大和におっぱい見せた時に外してそのままでした。

すると見たいな~おっぱいと、
男性は振袖を前からガッと捲り、
プルンッとおっぱいが飛び出てきました。

「デカッ!」

と2人そろって叫び、

「いいおっぱいだね~」

と2人に揉み揉みされました。

そして「エッチとかしたくない」
と聞かれ、えぇ~と言ったものの、
正直エッチはいつでもどこでもしたい佳奈は、
男性のおちんちんを鷲掴み。

真面目そうに見えて、
実は肉食系なアゲアゲ女子な佳奈なんです。

すると後ろにいた男性が私にキスをしてきて、
前の男性は振袖を脱がし始めました。

あっという間に裸にされ、
パンツも履いてないことがばれてしまい、迫られ放題。

すると

「佳奈ちゃんこれ知ってるかな~」

と出てきたのは電マでした。

そして男性の1人に両足を開かされ、
そのまま足を抑えられました。

残りの男性は電マにスイッチを入れて、
私のおマンコへ。

ブゥーという音が響き私にも徐々にスイッチが入りました。

最初は

「あぁ、いやぁ」

という喘ぎだったのですが、だんだんイキそうになり

「あぁーイキそう」

そしてビクンッと痙攣して・・

それ以降はどれだけイッたか分かりません。

徐々におまんこから出るものが出そうになってきました。

「出ちゃいそう、やめて」というと、

「出しちゃいなよ」

と言われ、

「出る~アァ~」

とおマンコから大量の潮を吹いてしまいました。

そこで電マをいったん止めてくれまいた。

「ずいぶん沢山吹いたね~」

と言われますが、もう私の中にはおちんちんという頭しかありません。

「入れてくれませんか」と言うと
「じゃ~まずしゃぶろうか」と椅子に座っている男性の
おちんちんをすぐさましゃぶりました。

立ち膝突いてしゃぶっていた私の股に、
また電マ責め・・・

うっとなり、
私はしゃぶるのをいったん中断。

しゃぶらないとおちんちんがないよ、と言われ、
必死にしゃぶりました。

おマンコからはおマンコ汁が
ピチャピチャと垂れているのも分かりました。

そして電マが終わったと思った途端に、足を引っ張られ、
私はお馬さんポーズにそして、肉棒が私の中へ。

「あぁ~イィ」

と叫び、再びおちんちんを口の中へ。

後はひたすら前と後ろからのおちんちん攻めでした。

男性たちは構わず私の中にピュッピュと精子を零していきます。

私は何回イッたんだろ、という位にまでやられ、
終わったころには佳奈完全に撃沈

本当に動けませんでした。

その後、振袖を直せる女性が待機していたようで、
直してもらい、無事に帰れました。

飲み会には一応行き、その帰り私は、
ベロベロに酔っ払い友達に介抱されながら帰ったそうなのですが、
その途中、中年のおじさんに声をかけられ、
私たちはそのおじさんの家へ行ったらしいです。

そこの記憶は私にはなく、後で友達に聞いた話によると、
そこでおじさん4人にコスプレを着せられ、
朝まで2人ハメられ6pの乱交したそうです

起きたら友達宅のベットで寝てました

いろいろひどかったそうなのですが、
全く私は覚えていません

楽しくて気持ち良い成人式でした!

人生に一度ですし、ハメを外して楽しむのも大事だよ!って
佳奈は今でも思ってますw
関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


レズビアンの女友達がエロい事しはじめて俺も参加して3pSEXする事にwww
PREV
NEXT
[エロ話まとめ]大好きなバックをやって最後は正常位で精子を胸に出しましたw