エッチな体験談

デブスな30歳独身女性の悲しい処女喪失体験談[エロ話]

私は今年で30歳の独身女です。

昨年まで男性経験が全くなく高齢処女なんです

別に興味が無いわけでも、男性不審という事でもありません。

どちらかというと、興味がある方でした。

理由は一つ。

私はあまり可愛くありません。

身長150cm 体重68kgの

ぽっちゃりデブなんです

性格も根暗で、子供の頃からよくいじめられていました。

短大卒業後、仕事は某大手書店の在庫管理をしています(アルバイト)。

特に趣味も無いので、毎日自宅と仕事場の往復だけ。

寄り道すらした事はありません。

母とは仲が良いので、たまに出かけたりはしますが。

そんな何もない生活を何年も続けていました。

何も面白い事などありませんでした。



ある日、そんな私の考えが変わるきっかけとなる事がありました。

その日はいつものように仕事に行き、

いつものように何事も無く時間が過ぎていきました。

そして15時頃、休憩時間になり

店舗が入っているビルの休憩所の隅で

自宅から持ってきたお茶を一人さみしく飲んでいました。

10分位経った後、

休憩所に同じビルの飲食店のアルバイトの男の子が3人入ってきました。

みんな今風な感じで、カッコいい感じです。

たまに休憩で一緒になるのですが、

会話どころか、挨拶もした事もありません。

彼らは私の事なんか全く意識などしていません。

すると、彼らが興味深い会話を始めたのです。

A「この間、出会い系で知り合った女と始めて会ってきたよ」

B「マジ?あれでしょ。かなり粘ってた奴でしょ」

A「あー。4か月位毎日の様にメールしてたよ」

C「俺にはできね~な~」何やら出会い系サイトでの事を話していました。

同じ部屋に私がいるのにも関わらず。

彼らにとって私は空気の様な存在だったのでしょう。

B「で、どうだったの?」

A「マジ最悪。さんざん粘った挙句、来たの久本にワンパン入れて若くしたような奴。マジで切れそうだったね」

C「はっはっは~。(大爆笑)」

B「何?それからどうしたん?」

A「なんか悔しくってさ~。結局やっちゃった」

B・C「はっはっは~。何ヤってんだよ~!」

A「そいつさ~。男性経験無いって聞いてたんだけど、やってる時全然スムーズでさ~、聞いたら普段バイブ使ってたらしくって」

C「初体験はバイブかよ~。はっはっは~」

B「もうそいつとは連絡取って無いの?」

A「いや。あれから2回ヤった」BとC大爆笑。

A「てゆうか、もう便所だね。何でもOKだし。オナニーの変わりだよ」

B「そのうち刺されんぞ」

C「てゆうか、出会い系はやる気しねーなー。男と女の比率全然違うじゃん、男が多すぎてサクラもいるし、よっぽどじゃなきゃ会えねーよ」

A「まーな」

B「やべっ、時間だ」

休憩が終わったのか彼らは急いで帰って行きました。

彼らの会話に私は嫌悪の気持よりも、興味で胸がドキドキしていました。

「不細工な娘でも、あんなイケメンとエッチできるんだ・・・。もしかしたら私も・・・」

的な事を思わず考えてしまいました。

休憩が終わり、店舗に戻った私はさっきの会話が頭から離れませんでした。

気が付けば在庫から出会い系の広告が載っていそうな雑誌を探していました。

できるだけ怪しくなさそうな、お金が掛らなそうなサイトを見つけ、

アドレスをメモしておきました。

帰宅途中の電車の中でもなんだか胸がドキドキしていました。

帰宅し食事もとらず、部屋に閉じこもりました。

そしてさっそく携帯でサイトを開き、良く解らないなりに登録をしました。

自分は男性経験が無い事、エッチな事に興味がある事など書き込みし、

その日はそれで終了しようと思いました。

しかし、驚いた事に登録をして暫くすると、

次々にメールが送られてきました。

「良かったら逢いましょう!」とか「エッチ教えてあげるよ」とか中には

「10万で処女売って下さい」といったお金を払います

というようなメールもありました。

次から次へとメールがくるので、読むので精一杯で、

その日返信はしませんでした。

自分の体を欲しがっている人がこんなにいると思うと興奮して寝付けませんでした。

次の日、こんな事初めてなのですが、朝からテンションが高くて、

通勤中の電車のなかで一番安心そうな、年の近い人を選び返信しました。

すると直ぐに返信が来て、ドキドキしながらメールをやり取りしている内に、

1週間後の日曜に会う約束をしていました。

会うまでの1週間、ドキドキしていて何を着ていこうとか、

美容室行かなきゃとか、そんな事ばかり考えていました。

そして当日。

1週間の間、期待が膨らんでばかりいましたが、

いざ当日になると不安になり、

やっぱり辞めておこうかなとか、考えてしまっていました。

「でもやっぱり相手の方にも悪いし・・・」と思い、

勇気を振り絞り待ち合わせ場所へ。

最初は少し離れた所から、

どんな人が来るのか隠れて見ていました。

すると1台の白い車が到着。

遠くからでは車内は見えません。

どうしようか迷っていると、“駅着きましたよ。

”というメールが。

私は“私も着きました。

駅のどの辺ですか?”と返信。

すると“駅のロータリーに白い車で来ています。ナンバーはOOOOです。”と。

間違いない。

あの車だ。

と思いました。

仕方なく勇気を振り絞り、車に近づいていくと、

車から男性が降りてきて、

「OOさんですか?」私は自信無さそうに

「はい・・・」と答えました。

すると彼は「良かった~!じゃ車に乗って下さい」と。

「は、はい。失礼します」と私は車に乗り込みました。

彼は決してイケメンではないが、不細工でも無く普通な感じでした。

不細工でデブな私にはもったいない位でした。

そして車内でも優しく会話してくれました。

エッチな話も無く、普通の世間話をしながら、

私も少しずつ安心していきました。

着いた先はやっぱりラブホテル。

最初からそういう話だったので抵抗はしませんでした。

初めてのラブホテルだったので、

ドキドキしながら彼に着いて行き、部屋に入りました。

恐怖心はありましたが、男性を知る事への好奇心となにより

彼が優しかったので安心していました。

しかし、部屋に入った途端、優しかった彼は豹変しました。

いきなりズボンを脱ぎだし、

下半身をむき出しにすると、「しゃぶって」と一言。

私は「えっ?」としか言えず、頭がパニックになっていました。

初めて見る男性器が目の前にあり、

ついさっき初めて会った人が“しゃぶって”って言っている。

頭がクラクラしました。

そして、「えっ、ちょ、ちょっと・・・。待って下さい」

とオドオドしていると、

「いいから、しゃぶれよ!!」

と私の顔に性器を押しつけてきました。

私はもうパニックになってしまって、

言われるがまま、彼の性器を口に入れました。

シャワーも浴びていない彼の少し臭い性器を。

しかし、性の知識が全くない私は咥えた後どうしたら良いかわからず、

動かないでいると、

「出し入れしろ!!舌を動かせ!!歯を当てんなよ!!」

と命令されました。

もう“これがセックスなんだ。”と自分に言い聞かせ、

とにかく命令に従いました。

口の中で彼の性器がどんどん大きくなる事がわかり、

“彼は私で感じているんだ。

”などと、勝手な妄想し何だか変な気分になりました。

暫く咥えていると、「服を脱げ!」と命令してきました。

これにはさすがに抵抗がありました。

私はバスト90cmなのにAカップで、

ウェストとヒップが同サイズという

ホントに情けない体型をしているからです。

私は「電気消しても良いですか?」とお願いしました。

すると彼は「いいから早く脱げよ!不細工がナニ照れてんだよ!」と一喝。

その時私は彼が怖くて、とにかく言う事を聞く事しかできませんでした。

服を脱ぐと彼は「お前ホント救いようが無いな。

終わってるよその顔と体型」と。

私は涙をこらえきれませんでした。

彼は泣いている私の乳首を舐め始めました。

もう片方の乳首を指で転がしながら。

恥ずかしながら私は泣きながら感じていました。

密かに下半身が湿っていくのを感じました。

彼は乳首を舐めながら私の陰部に手を移動させました。

非常に手慣れている様子で、

指を動かすたびに体中に痺れが走る位感じてしまいました。

彼は「てめー、不細工のくせに何感じてんだよ!おまんこ汁グチョグチョじゃねーか!」私は恥ずかしさと気持ち良さで頭がおかしくなりそうでした。

更に彼は顔を私の陰部に近付けていきました。

“もしかして舐められるのかも。おかしくなっちゃう。”

などと舐められる覚悟をしていると、

「くっさ~!何食ってんだよ!てめー病気じゃねーの!!」

と罵声を浴びせました。

私はもう恥ずかしくて恥ずかしくて、また涙が溢れてきました。

そんな私に彼は「今の臭いで萎えた。咥えろ」

寝ている私の口に、無理やり性器を押し込んできました。

そして、吐きそうになる位、喉の奥まで突っ込まれ、出し入れされました。

更に彼は「お前の顔見てると萎えるから」

と言って私の顔に布団をかけてきました。

私は今日の事を本当に後悔しながら、布団の中で泣いていました。

しかし、次の瞬間、下腹部に猛烈な痛みがはしりました。

私は「痛−い!!!」と叫び、

顔から布団をどかすと、

彼は正常位の体勢でパンパン腰を振っていました。

私は「痛い!痛い!お願いやめて!!」叫びました。

ホントに気が狂いそうな痛みでした。

彼は「うるせー!顔見せんな!!」と怒鳴りつけました。

よっぽど私の顔が嫌だったのか、うつ伏せにさせ、

今度は後ろから挿入しました。

しかし、後ろからの方が痛みが少なく、少し気持ちが良い気すらしました。

私はこの体勢のまま、彼が終わってくれるのをひたすら待ちました。

暫くすると彼が「あーイクぞ!あーイク!!」

と物凄いスピードで腰を振りだしました。

さすがにこの時は私も少し感じてしまいました。

そして彼は「イク!」と一言発し、私の中に精子を発射しました。

ドクッ、ドクッと下腹部に何度も響きました。

この時、私は放心状態でした。

何も考えられませんでした。

彼は膣から性器を引き抜くと、何も言わずシャワーをしに行きました。

私の膣から血や彼の精子がどんどん溢れてくるのが解りました。

私は後ろから突かれていた状態のまま布団に顔を埋めて、動けませんでした。

彼はシャワーから出てくると「うわ、臭せー」と一言発し、

そそくさと着替えをし、煙草を吸っていました。

私は起き上がり「シャワー浴びてくるね」と彼に言ったが、彼は無言でした。

シャワーから出てくると確かに部屋の中は生臭い臭いが漂っていました。

“これが私の性器の臭いなの?・・・。”と思うと、また恥ずかしくなりました。

洗面台から出ると、彼の姿はもうありませんでした。

そこにあるのは煙草の吸殻と、真っ赤に染まったシーツのシミだけでした。

私は情けなさと悔しさと恥ずかしさで泣き叫びました。

そして早くこの場を去りたくなり、急いで支度し部屋を去りました。

彼はホテルの料金も払ってくれていませんでした。

郊外にあるホテルだったので、

タクシーが乗れるところまで30分位泣きながら歩き、何とか帰宅しました。

その次の日から3日間、仕事を休みました。

正直、辛かったです。



関連記事


☆ 関連 エッチな体験談 ☆


某出会い系サイトで釣ったビッチな黒ギャル [アダルト体験談]
PREV
NEXT
黒乳首の妊娠7ヶ月の三十路妊婦と中出し不倫セックスできた出会い系体験 [アダルト体験談]