エッチな体験談

サークルでも有名なかなりの巨乳で・・

大学生当時の話。俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので適当にサークル行ったり後輩と遊んだりフラフラと参加していた。
ちなみにテニスサークル。そんな中、1年生の和子が途中からサークルに入ってきた。和子の友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と最近喧嘩ばかりするようになって、時間をもてあまし始めたみたいで、友達が見かねてサークルに誘ったらしい。
このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。

で、入ってからしばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、何だかかなり仲の良い先輩後輩の仲になっていった。

俺の同期が
「和子って英夫(俺)の事好きだよな~」

と何の気無しに聞くと

「なーんとなく好きなんですよねー」

とさらっと答えるぐらい仲良かった。

しかし、当時の俺には大学1年の頃からずっと彼女がいて、サークル内でも周知の事実だったため、後輩の女の子達からはさらっと

「英夫さんって良いですよねー彼女さん大事にしてそうですよねー」

という風に、恋愛対象としてではない人気がそこそこあったので、それと同じぐらいの感じだと当時は思ってた。

そうやって仲良くしてるうちに、俺が大学から家が遠くて、当時和子は大学近くに1人暮らしだったため、学校の帰りなんかによく

「携帯の充電させてくれー」

とか、

「2限だけ空きやから家おっていい~?」

という感じでくだらない用事で1人だったり大学で拾った後輩複数とかと家に急に行ったりするようになってた。

和子も全然嫌な顔1つしないため、週2~3回は家にいたかと思う。

やはり何度も家で2人っきりという時間が長くなってくると、段々じゃれたりする事も多くなってくる。

和子はサークルでも有名なかなりの巨乳で、よく乳ネタで弄られたりする子だった。

俺もノリで皆の前で

「ちょっとパンチさせろやー」

とか言ったりしてたある日のこと。

当時プレステの音楽ゲームが流行ってて、家で2人やってたりしたんだけど、点数競うとよく俺が勝ってた事もあり、

「俺が勝ったら乳パンチな!」

と冗談で言ってみた。

和子は笑ってスルーしてたけど、結局俺が何度も勝ち、その度に

「パーンチ」

と言って殴るふりしてたら、和子も調子に乗って

「やれるもんならやってみろー」

と言いながら胸をぐいっと前に出したりするようになってきた。

やはりかなりの巨乳の為、強調されるとかなりの迫力。

どーんと目の前に巨大な球体が何度も出てくるし、ゲームの勝ち負けを繰り返してお互い(エロい意味でなく)興奮してきてたので、俺も勢いで

「おっ!言うたな!ドーン!」

とパンチしてみた。和子の反応は

「うわーほんとに触ったー!」

と言いながらキャッキャ騒いでいるので、それから勝負に勝つごとにIカップと噂の乳を手でボヨンボヨンしてた。

その日は興奮冷めやらぬまま、エロい雰囲気になる訳でもなく(俺は完全におっきしてたけど)帰宅。

まだこの頃はじゃれ合いの延長の状態でした。

お互い彼氏彼女いたし、そういう悪さが許されるサークルの雰囲気ではなかったため、和子とそういう事がありえる訳がないと思ってました。

その後、俺だけサークル内で有名な乳をボインボイン出来るんだとのちょっとした優越感もあり、仲の良い同期の前で1回どーんってやってみたところ、その同期があっさり他の同期の前で

「こいつ触ったらしいで」
と暴露。
ちょww空気読めよwwと思いつつ、ある日、サークルの飲み会の後、その同期が終電が無くなってしまい、和子の家に泊めてくれーと言い出す。

でも1対1はありえないから、俺にも一緒に泊まってくれという流れに。

そしていつものようにゲームなんかして遊んでたんだけど、同期の克巳が和子の前で

「ちょ、目の前でぼーんしてみてや」

と言い出し、こいつは何を言い出すんだと思いながらも、その場のノリで

俺「ぼーん」

和子「こらこらー!」

克巳「お~!ご馳走様です!」

と言う感じでちょっとお触り。

そんな感じでしばらくはしゃいだ後、そろそろ寝ようかという流れになった。

和子の家は布団が一組しかなく、ベッドの下に布団が一組。

普通に考えれば俺と克巳が一緒に寝るんだろうけど、今までの流れもあり

克巳「英夫、ベッドで和子と一緒に寝ろやー」

俺「よーし和子、一緒に寝るかー!」

和子「もー!」

という感じで和子の反応を見ながら、ベッドに入ってみた。

この当時ノリが重視される年頃であったため、当然和子が嫌がれば止めるつもりだったが、下心無く、ノリに流されて一緒に寝る事に。

みんな横になってちょっと経った頃、それまでボインボイン触っていた、今まで触った事の無いでかさのオッパイに興味津々の俺は、若さゆえ、いけない事とは思いながらもっと触りたくなり、和子の様子を見ながら、克巳にばれないように

「とう」
とか
「やぁ」
とか言いながら、こそこそまだ布団の中で和子の胸をぼんぼん触ってた。
というか叩いてた。

で、最初は下心が無かったつもりだったんだけど、やはりずっと触ってるともう少し突っ込んだ事がしたくなる。

とはいえ、まだ揉むとか生乳とかは、大事な後輩にありえないと理性が働いており、その葛藤の中で俺が思ったのが
「この巨乳ってブラで維持されてるのだろうか・・・垂れてないのか・・・?ブラ外しても同じなのか・・・そうだ!服に飛び出るポッチが見てみたい!」
であった。

早速悪ノリの延長で和子のブラのホックあたりをTシャツの上から探してみる。

和子は眠そうな感じで相変わらず

「こらこら・・・」

とか言ってたがあっさりホックの位置を見つけ、Tシャツの上からぐいっと外す。

この時点で、背徳感と興奮で心臓バクバク。ちんちんおっき。

続いて「やー!」という掛け声かつ小声でブラの真ん中をTシャツの上から指で引っ掛け、上に持ち上げてみた。

和子は眠たいのかけだるそうにずっと

「もぉ・・・」

と言いながら軽く抵抗していたが、これが思いも寄らない事に。

Tシャツの中のブラをずらして、あくまでも和子向けには

「乳見るつもりじゃなく、遊びでブラずらしてみたっただけやー」

という悪ノリとして許されるギリギリの言い訳をしつつ、Tシャツに浮かぶ乳首を見てやろうという判断だったのに、なんとブラと一緒にTシャツも上に捲れあがり、布団の中で乳が半分露出する事に。

乳首が見えるか見えないかぐらい。

しかもその時に思いもよらず、引っ掛けてた違う指が生乳に当たり、そのまま乳首にまで触れてしまった。

和子はポッチに指が当たった瞬間ピクッと反応した。

「やべっ・・・!」

と心の中で思いながら、ちんちん爆発しそうになりつつ様子を見てると、和子はちょっと

「うぅ・・・ん」

と唸っただけでブラを直そうともしないし、何も言ってこない。

今思えば、変にもぞもぞして克巳に見つかるのを恐れていたのかもしれない。

乳首に触れてしまった事、さらに和子が全く拒否反応を示さない事で俺の中の何かのタガが外れた。

「触ってもいいのか・・・?」

と自分に都合の良い解釈をした俺は、そこから急にヒートアップ。

克巳の手前、ほとんど動かず寝てるふりをしながら、今までの慎重な動きが嘘のように手は布団の下で胸を揉みまくり、乳首を触りまくり。

和子は克巳に聞こえない声で

「こらこら・・・」

「もー・・・」

と囁いていたが、眠いのか手を止めたりと行動には移さなかったため、本気で嫌がってる訳じゃないと判断。

深夜2時か3時ぐらいだったと思うが、その後数時間に渡って乳を揉んだりポッチを触れるか触れないかで触ったりしていた。

和子は途中から何も言わなくなり、寝たふりをしていたが、声こそ出さないようにしながら息が少し荒くなっており、感じてる和子に物凄く興奮していた。

俺のいたサークルは今時珍しく、後輩に悪さするとか完全にありえないぐらい爽やかサークルだったので、後輩の胸を触りまくっている状況に乳触るだけで大興奮。

克巳さえいなければこのまま下も触るのに・・・今触って、物凄い拒絶されたら洒落にならん・・・サークルに居れなくなる・・・とまだ最悪のケースを想定して、それ以上突き進めなかった。

正直ちんちんからは先走り汁が出まくってた。

乳を触り続けて数時間。布団の中は、なんと表現していいか分からんけど、興奮した男女の熱気というかフェロモンというか、お互い興奮してるような空気感でずっとお預けを食らった状態だった。

そんな中、5時ぐらいに克巳が突然むくっと起き上がり、

克巳「そろそろ始発出る時間やから帰るわ」

心の中で、おお!もしかしたら和子とセックス出来るかも!と喜んでると

克巳「英夫、車で駅まで送ってや」

ガーン・・・元々克巳が1人で泊まるのが微妙だからと一緒に泊まったのに、克巳送った後に俺が1人でここに戻ってくるのは微妙じゃないか・・・?

このままの状態かよ・・・いやしかし、この拷問のような勃起状態からある意味開放されるのか・・・?

克巳を送った後に速攻1人で抜くか・・・?

もう、数時間勃起状態であった為、とりあえず射精したくてたまらない。

しかし、一応寝てる(ふり?の)和子に。

「ちょっと克巳送ってくるわ」

と声をかけてみるも、返事無し。

なんとなく、送った後に戻って来る事を期待してるような印象を受ける。

克巳と一緒に車に乗ると開口一番、

克巳「お前なー!」

俺「ん?」

克巳「なんかよー分からんけどあんな声聞こえる中で眠れる訳ないやんけ!地獄やったわ!」

どうやら克巳は数時間ベッドの下で起きてたらしい。

しかも、俺は細心の注意を払ってたと思ってたのに、静寂の深夜の中では、なにやら色っぽい感じで

「もー・・・」

とか声が聞こえてたようで、ベッドの下、始発が出る時間までずっと悶々としていたようだ。

今思えば克巳が一番苦痛の時間を過ごしていたに違いない。

俺は動揺しつつも

俺「いやー!なんか流れでずっと触ってたわー。克巳おらんかったらマジでやってたかもしれんなー」

克巳「なぁ!お前やばいで~!あんなんやってまうでー!」

と、あたかも今から帰るかのように話をしつつ、駅まで送った。

そのまま即Uターン。

直ぐにでも抜いたら物凄く気持ちよいと思ってたのが、克巳送ってる10分ほどの間に、やはり和子としたくてたまらなくなった。

興奮でドキドキしながら和子宅に戻り、ドアを開け声をかける。

俺「和子?」

和子「んん・・・」

返事はするが、目を開けない。

これは和子も何かを期待しているような感じだった。

すっと和子の横に寝転がり、一旦離れてしなったため、同じように触っていいのか悩んだが、結局そのまま我慢できずに同じように胸に手を伸ばす。

もう克巳がいないが、和子は最初こそ

「もー・・・」

と言ってたが、結局3,4時間ずっと寝たふりをしており、完全合意の上でハァハァしていたわけではないため、少し慎重に胸を揉みしだく。

ピクっと反応はするもののやはり抵抗が無いため、そのまま遠慮なく両手で胸を揉みながら、乳首を指で挟んでクリクリする。

やはりまだ目は開けないが、克巳がいないためか明らかに起きてて、息がどんどん荒くなってきた。

ここまで来ても全然目を開けないが、もうこれはやっちゃってもいいだろう、完全に合意だろうと思い、上に覆い被さり、半分はだけてたTシャツとブラを上に捲りあげ、初めて完全な乳を目にする。

これが、今までグラビアとかでも見た事がないぐらい、デカいのに全然垂れて無く、形も物凄く良い乳だった。

これにまた興奮。

乳首を口に含み、がむしゃらに舐めながらもう片手で胸を揉むと、

「あっ!」

とようやく和子が大きな声を出すようになった。ずっと舐めながらも揉んでると、

「はっ・・・ん・・・んんっ!」

と今まで我慢してた分なのか普通に切なそうに喘ぎ出し、ようやく目も開け始めていた。

そこで、あそこを思い切って触ってみようと手を下に伸ばしてみたところ、ここでようやく手をがしっと掴まれる。

和子「そこは駄目ですよ・・・」

俺「何で?いいやん」

和子「な、何でって・・・!駄目に決まってるじゃないですか・・・!」

ここから俺と和子の攻防が始まる。

ぶっちゃけここまでしときながら拒否する女の心理が分からん。

お互い彼氏彼女いたので駄目な理由は分かり切ってるんだが、全く分からないふりをし、

「ん?何で?」

と言いながらも途中諦めて胸を揉み、乳首を舐めていた。

胸に関しては全然抵抗をしないため、なし崩し的に攻めようと決める。

「あっ、は・・・んぅ・・・」

と喘ぎながらも

「そこは駄目・・・」

とパンツに手を入れるのは拒否し続ける。

そこで、もっと感じさせればいいんじゃないかと思い、パンツに手を入れようとすると、ぴったりしてたズボンのため、止める余裕が出来てしまう事もあり、厚手のズボンで効果があるか分からなかったが、さっとズボンの上からクリの辺りをちょっと強めにぐりぐりしてみる。

和子「あっ!はっ!あぁ!!んんっ!!」

と明らかに和子の声が大きくなる。

普段仲の良い後輩の大きな喘ぎ声に物凄く興奮する。

和子は

「あっ!はぁ!ああああ!」

と喘ぎながら、切なそうな顔で目を見つめてくる。

これはキスをした方がいいのか?とも思ったが、未だに悪ノリの延長でこうなってるのか、色恋の感情があるのかいく分からず、どうしてもキスしてよいのか踏ん切りがつかない。

そのまま物凄く喘ぎ続けてる隙をついてズボンのウエスト部分を持ち、思いっきり下にさげて脱がそうとすると、あっ!という感じで我に返りながら、抑えようとするも、俺の方が若干早くて、あそこの毛が見えるぐらいまでずり下がる。

もうあそこが見えている&数時間の愛撫により、下着がテラテラ光るぐらい濡れているのが目に入った事で観念したらしく

「もぉーーーーっ!」
と言いながらズボンを抑える手から力が抜けた。

大興奮な3,4時間の末にようやくここまで来れた為、和子の気が変わる前にと、俺が物凄く焦る為、展開早いです。

ズボンとパンツを同時に脱がしたところで、和子も"もう仕方ないなぁ・・・"という感じだったため、とりあえず順序を守って・・・と思い、足を開かせてあそこをじかに触ってみる。

和子「んぁ!!あっ!!あっ!あぁぁあ!!」

和子も濡れまくってるあそこを見られていながら今さらカマトトぶる必要もないため、かなりの大声で喘ぎ、もう長い時間掛けてようやく大きな喘ぎ声を手に入れた俺はズボンの中で射精しそうになった。

当時20歳だったが、今までの人生でであった事がないぐらい、本当に垂れ落ちるぐらいの勢いで濡れまくっていて、直ぐにでも挿入できそう。

和子が何か言いそうになるタイミングであそこを触り

「もー、なん・・・あぁぁ!あっ!あっ!」

という感じでなんとか文句を言わせないように頑張る。

しかしもう暴発寸前であったため、あそこの愛撫は指で1,2分で切り上げ、物凄い必死に自分のズボンを脱ぎにかかる。

そう、この時点で俺全く服脱いでない。

和子は上だけ胸の上までずり上がったTシャツとブラのみ。

和子の気が変わらないかとめっちゃ焦る。この時も和子は

「もー・・・」

と、これから挿入する事を半ば諦めた感じでまだ言っていた。

脱ぎ終わったところで、もう

「入れていい?」

など聞く気も無く、物凄い勢いで一気に挿入。

「あぅっ!」

普通なら間違いなく膣を傷つけていたであろう。

勢いで突っ込んだが、大洪水状態のため、一瞬で奥まで挿入できた。

そして、今までの我慢をぶつけるかのようにがっつんがっつん突きまくる。

和子「ああぁ!はっ!あっ!あっ!気持ちいいっ!」

と、10突きぐらいしたところで、突如の射精感。

和子「あっ!あっ!あぁっ!あっ!」

俺「あ、やばい出るっ!」

和子「え!もう!?」

俺「ああっ!」

急いで抜いて腹出し。概算で1分ぐらいの本番であった。

この時の和子の言葉が未だに忘れられない・・・

『え!もう!?』

その後、はぁはぁ言いながら、ティッシュで腹を拭きつつ

「はぁ・・・胸触ってたら我慢できんくなってもた」

「その乳が悪いな」

などと一生懸命言い訳。

和子はしばらく拭かれながら見つめていたが、

和子「浮気だー」

俺「お、お前、サークルの奴に言うなよ!仲のいい同期とかにも言うなよ。どこから漏れるか分からんねんぞ。俺、サークルにおれんようになってまう」

と自己の保身を第一に考える最低な俺。

やべっと思い、

俺「いや、でも和子やから後悔は無いけどな」

と意味不明なフォロー。

俺「しかし・・・めっちゃ早かったな・・・恥ずかしい・・・普段こんなんちゃうで。夜通し我慢し続けてたからやで。あぁ・・・リベンジしたいわ・・・」

と情けない言い訳をする。

そして言い訳やら、なんやら2人で寝っころがりながら話をしていると

「チュッ」

突如向こうから思いつめたようにキスをしてきました。

あぁ・・・やはりセックスするからにはキスはしとかなきゃいけなかったのかな・・・と最低な状態での和子とのファーストキスでした。

その後、和子はシャワーを浴びて学校へ。

こういう話でよくある、その後~は俺の嫁だ、みたいな良い話になる訳ではなく、俺は彼女への罪悪感や、サークル干されないかドキドキしながら、その後和子とは若干距離を置き、そこまで仲良い先輩後輩ではなくなったとさ。
俺最低。

しかしはたから見たらそこまでじゃないかも知れないけど、あの背徳感。
今までの人生でベスト3に入る興奮でした。

親しいと思ってた友人や後輩とそういう関係になるってそれ以外全然経験ないけどね。
ちなみに未だ後輩とは連絡取り続けているが、いつかリベンジさせてくれないかと未だに願っている。
関連記事
☆ 関連 エッチな体験談 ☆


NEXT
おじさんのゴツゴツした指が私の敏感なアソコに直接触れて...