[アダルト体験談]月に何回かはセックスしてお互い絶頂に達しています - エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ

[アダルト体験談]月に何回かはセックスしてお互い絶頂に達しています

私の妻 有希(36才)は、

日曜の10時から夕方5時まで 

近くのコンビニにアルバイトに出ています。

あれは半年ほど過ぎた夏のことでした。

前日の晩 友人と飲みすぎて、

朝起きたのが11時頃。

妻はもうアルバイトに出かけており、

小学3年の息子も近くの友達の所へ遊びに行ってしまった後でした。

しばらくゴロゴロしていましたが、

切れたタバコでも買おうかと

久しぶりに妻のバイト先へ行きました。

歩いて5分くらいのその店は、近くに高校や大学があり、

結構お客さんが入っているようで、

外から覗くと妻がレジでかいがいしく接客している様子が見えました。

丸顔にショートカットちょっとふっくらしていますが、

ブルーと白の縦じまの制服にジーンズの、

まだ20代に見える可愛い感じの妻が新鮮に映ります。

ちょっとしたいたずら心で、

いきなりレジについてびっくりさせてやろうと思い、

数人の団体のお客さんに続いて気づかれずに店内に入りました。

缶コーヒーを持ってレジに進もうとした時、

先についていた大学生風の若い男が何やら妻に話しかけています。

男「この前の手紙読んでもらえましたか?」

妻「あの・・そうゆうの困るんですけど・・」

(なんだあの学生は!こんなところでナンパか!?)

男「有希さんの事真剣に考えているんです。」

妻「こんな結婚しているおばさんじゃなくて、もっと若い子がいるでしょ。落ち着いて考えて、ね。」

男「有希さんがいいんです。好きなんです。付き合ってもらえませんか?」

妻「私には主人もいるし、子供もいるんです。」

男「わかっています。でもご主人や子供さんに迷惑はかけません。」

(なにいってんだ。そんな事言い出すこと自体が、もう迷惑なんだよ!)

飛び出して行って、

胸倉をひっつかんで外に引きずり出してやろうかと思いましたが、

店の中だし

それにちょっと大人げない気がして、

おにぎりコーナーの隅でじっと様子を伺っていました。

妻「お付き合いするってことは、主人や子供を裏切ることになるでしょ。そんな事できないわ。」

男「僕は・・有希さんを諦めません。有希さんと結婚したいんです。」

その爆弾発言が飛び出したちょうどその時、

レジに家族連れが向かって来ました。

妻「とにかく冗談はやめてください。仕事中ですから。」

男「アドレスを教えてもらえませんか?じゃないとずっとこのままレジにいますよ。」

そのあと一言二言あった後、しぶしぶ妻はアドレスを教えたようでした。

大学生風の男は、

店を出た後もウインドウ越しに妻を見ていましたが、

しばらくすると後ろを振り返りながら帰っていき、

妻も何事もなかったように接客しだしました。

私はそっと缶コーヒーを戻し、

気づかれないようにこっそり店を出て

近所の自販機でタバコを買い家に帰る途中の

児童公園でタバコをくゆらせながら、

さっきのショッキングな出来事を考えました。

妻は自分と結婚するまで、処女でした。

引っ込み思案の性格で男と付き合ったことすらない様で、

下着もごくありふれたデザインの白やベージュが多く、

その内向的な性格をコンビニのアルバイトで

少しでも直そうとしているようでした。

(もし妻が大学生の求愛を受け入れ、肉体関係になったら!?今までその手の免疫がない妻は情熱的なアタックで落ちる可能性もある。果たしてそうなったら妻は私と子供を裏切り、大学生の元へ走るのだろうか?にわかには信じられないが、その可能性もありうる。)

しかし考えれば、考えるほど、

大学生への怒りよりも妻への嫉妬心が強くなっていました。

いままで妻有紀は自分だけの存在でした。

一緒のふとんで寝て、一緒のテーブルで食べ、

月に何回かはセックスしてお互い絶頂に達しています。

そんな妻が別の男に抱かれ、キスされ、

激しく貫かれて何度もイかされた後に、

ドロドロの精子をたっぷり中に出されて妊娠する。

そう考えると変に興奮している自分がいます。

そそくさと家に戻った私は、

まず風呂場の脱衣所の洗濯機の中から

朝シャワーを浴びて着替えた妻の下着を漁ります。

妻には珍しい水色に刺しゅうが施されたブラと

お揃いのショーツがそっと隠すようにたたまれて、

一番下にありました。

私は2階の夫婦の寝室に持ち込むと

小さく丸まっているショーツを広げてみます。

まず白いオリモノや黄色い尿シミで

激しく汚れたクロッチの部分の匂いをそっと嗅いでみます。

(くう・・いやらしいにおい。有希のおまんこの匂い。いい匂いだよ。)

じっくり嗅いだり、舐めたりした後は、

昨年夏に親子3人で海水浴に行った際のビデオを取り出し、再生します。

子供を追いかけて笑いながら砂浜を走る妻が映っている。

鮮やかなスカイブルーのワンピースの水着、

大きな乳房が上下に揺れています。

私は下半身裸になり、

激しく勃起したペニスをしごきました。

「やだァ恥ずかしい、撮らないで。ダメダメ。いやだったらァ!」

少しハイレグ気味の水着の恥骨の部分がうっすら盛り上がっていて、

白い太ももがまぶしく光っています。

(有希の大きなおっぱい最高だよ。大学生はその水着の中を知らないだろう。有紀の少し垂れ気味の大きなおっぱいと授乳で伸びた薄茶の乳首。薄いヘアと小さなビラビラそれに皮を被った感じやすい大きめのクリトリス。全部私は知っているよ。)

「アァーン・・もう・・ダメだったらァー・・」

ビデオカメラの前でしゃがみ込む妻、

ぷっくり肉厚の土手がアップになった瞬間、

私の精液はせきを切ったように激しくしぶき、

妻有紀のショーツを汚ました。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトの画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます