[エロ体験]処女のまま大学を卒業した巨乳の部下を性奴隷にした不倫体験談 - エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

[エロ体験]処女のまま大学を卒業した巨乳の部下を性奴隷にした不倫体験談

仕事が大成功したので

部下と6人で焼肉を食べに行きました。

生から焼酎に変わるころには、みんなかなり出来上がり、

部下のA子を抱きたくなっていました。

彼女はまだ25歳で、大学を卒業するまで処女でした。

新入社員の歓迎会で、

彼女と僕のマンションが近い事を知りました。

赤坂で飲んで、六本木で二次会をするころには、

彼女も出来上がりふらふらしていました。

彼女は、伸長も高く168㎝はあり、バストもかなり大きく、

上着の下はタンクトップで、88㎝のDカップらしい胸を、

ゆさゆさ揺らしていました。

僕は結婚して12年目で、子供も女、男と二人はいますが、

最近はセックスレスで月に1,2回しかしていません。

彼女をタクシーで送ると、

酔っていたのか僕に寄り掛りました。

運転手に気付かれないように、

乳房を揉んで顔を向かせてキスをしました。

「うぅっぅぅぅ~~」と言っていましたが、

嫌う様子もなく、されるがままでした。

彼女のマンションは我が家と、一駅しか違わず、

僕の家よりは高級で新しいマンションでした。

8階建ての7階が彼女の部屋で、

エレベーターで濃厚なキスをしながら、

2LDKの暗い部屋に入りました。

もう我慢できずに、いきなりスカートの裾から手を入れて、

ショーツの中を弄ると、既にべとべとに濡れていました。

僕も慌ててズボンを脱いで、

ブリーフから硬直したペニスを取り出し、

彼女の口に宛がい吸わせました。





「うぅぅぅっ、課長ダメですよ。

こんなに太いのは無理ですよ、入りませんよ~」と

酔っているのか歯をたててきます。

「おいおいダメだよ。我慢して舐めなよ。

オレもキミのアソコを舐めてやるから」と押し倒しました。

じゅるじゅると音を立てて舐めてやると、

大陰唇を広げて真っ赤なマンコを全開にしました。

「あぁっ、課長~~、とても気持ちがいいです。

指を入れて下さい、入り口の上の所が快感で、

突かれると硬くなるのでソコを突いて下さい」

と頼まれました。

少し小便臭く、アンモニアの匂いが混じりますが、

何と無く腫れていて最高のマンコでした。

とても我慢できずに、リビングの絨毯の上に寝かせて、

太腿を全開にして圧し掛かりました。

その時まで彼女が処女だとは、知りませんでした。

でもふだんはオナニーをしているらしく、

指もすんなりと入るし、

ペニスも問題なく奥まで一気に入りました。

「痛ぁぁぁい~」と叫ぶので、

膣を見ると膜が破れて出血していました。

でも何となく我慢できずに、

20分位はピストン運動をしていると、

目を瞑り気持ちが良さそうなので、

射精が始まると慌てて外に引き出して、

お尻の前に出しました。

あれから2年、月に2回は通い続けています。

段々とセックスが良くなり、最近は

「イクよ~、イクイクイクイク~~」と絶叫をします。

下着をつけずに仕事させたり、

変態的なセックスも出来るようになってきました。

彼女には経口避妊薬を買い与えて、中に出す様にしています。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトの画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。