[アダルト体験談] 後輩の可愛すぎる新妻を騙して無理やり挿入した体験談 - エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ

[アダルト体験談] 後輩の可愛すぎる新妻を騙して無理やり挿入した体験談

俺はソフト会社のSEです。

現在32歳、独身。

問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきました。

ずっと一緒に仕事をしてきたこともあり、

年齢は8歳も離れていますが、H雄は大変俺を慕ってくれ、

よく飲みに行って愚痴を言ったり、

一緒に遊びに行ったりする仲間でした。

そんなH雄が結婚する、と打ち明けてくれたのが去年の春。

プロジェクトが終わっての打ち上げ会の時でした。

そんなH雄が結婚する、と打ち明けてくれたのが去年の春。

プロジェクトが終わっての打ち上げ会の時でした。

「おまえいつのまに~。俺も結婚してないのに。ゆるせん~」

などどからかいながら、それでも純粋によかったな~

という気持ちでいっぱいでした。

なほこちゃん(仮名)を見るまでは。。。

H雄となほこちゃんは高校時代からの付き合いだと聞きました。

先輩に是非紹介したい、というので、

1ヶ月後くらいの休日に当時の俺の彼女と4人で、

TDLに遊びにいったのです。

初めて、なほこちゃんに会った時の衝撃は忘れられません。

清楚でかわいらしく、しかもスタイルは抜群、

仲根かすみを更に女らしくしたような素晴らしい女だったのです。

H雄を冷やかす余裕も無く、挨拶する自分の顔が

ひきつったのをハッキリ覚えています。

「どうしてH雄にこんないい女が!」と思いました。

TDLで一緒に行動しましたが、

なほこちゃんのスタイルの良さ、かわいさ、

そして本当に今時めずらしいくらいに純情で

H雄を愛してるという一途さ、に

俺は完全にノックアウトされてしまったんです。

なほこちゃんはH雄の高校の同級生で、

高校卒業後地元の優良企業に受付として勤務。

H雄との結婚を機に退職して

東京で一緒に住む予定、とのことでした。

身長161センチ。

スリーサイズは90ー60-90くらい。

とにかく、ほっそりしてるけど

出てるところはムチムチなんです。

その後、2回ほど4人で遊びにいきましたが、

俺の気持ちは単なる嫉妬から、

強い羨望に変わっていったのも事実です。

これが元で、自分の彼女と付き合っているのが

バカらしくなり、別れました。

俺の思いは日に日に強まりました。

でももちろん会うこともできないし、

連絡先も知らない。

H雄の顔を職場で見るたびに、今までかわいい後輩だったのが、

単なる憎たらしい男にしか見えなくなってきました。

それでもそれはそれ、と割り切り

いつも通り接するように心がけました。

俺の思いもむなしく、秋に二人は無事予定通り結婚。

結婚式での、なほこちゃんの美しさは、

また素晴らしいものでした。

俺は一人で挨拶が終わった後飲みまくり、

帰り道すら良く覚えていないという体たらく。





でもチャンスはやってきました。

当時、毎晩のオナニーネタはなほこちゃんだった俺に、

ある日、H雄が

「先輩、今度の週末新居に遊びにきて下さい」と

誘ってくれたのです。

俺の中で電流が走りました(なほこちゃんに会える!)。

すぐに邪心が頭をもたげたのは言うまでもありません。

(なんとかなほこちゃんをモノにしていく手段は無いか。。。)

俺は頭を絞りました。

当日は職場の後輩女2人、男2人と俺で、〇玉にある

H雄となほこちゃんの新居

(賃貸アパート、駅から徒歩10分)を訪れました。

結婚式以来、なほこちゃんに会えて嬉しかったし、

なほこちゃんも俺を見るなり

「Aさん良くきて下さいましたっ!」なんて

かわいく飛び上がらんばかりに喜んでくれて、

俺の心に一層火をつけました。

なほこちゃんは主婦としても

本当によくやっている様子が伺われました。

料理もうまかったし、そして何よりも、相変わらずのボディ。

H雄のやろう毎日抱きまくってるのか、と思うと

殴りたいばかりの気持ちでした。

そしてちょっと冗談を言っても、なほこちゃんは

「え~っ」

「大変どうしよう~っ」などどかわいいリアクションばかり。

普通の女ならバカの一言のところでも、

なほこちゃんは本当にそう思っていそうだったし、

何よりあれだけのイイ女。

許せました。惚れました。

会も進んで、翌日休みということもあり、

みんないい感じに酔っ払いました。

でも俺は飲むふりをしつつも絶対酔わないようにして、

チャンスを狙っていました。

H雄は酒に弱く、17:00から始まった宴会で

20:00過ぎにはもう、ソファのところで眠り始めました。

普段、会社の宴会でも寝るので、いつも

宴会中には絶対に寝るな!と怒っているのですが、

この日ばかりは幸い、そっと寝かしておいたのです。

21:00過ぎになって、

「H雄も寝てるし、本当にお邪魔しました。

じゃそろそろ帰りましょう」とみんなを連れて、

新居をおいとましたのです。

ここまで完全に作戦通りでした。

帰り道、駅に着いてから俺は

「あっ、携帯忘れてきちゃった。やべーとりにいくわ」と

白々しい嘘をつきました。

後輩達には電車の時間もあるし先に帰っていいよ、

等といいながら。

後輩達と別れて、俺はすかさず近くの公衆電話に入り、

H雄の自宅に電話しました。

ルルル、ルルル~。

なほこ「はい、***です」

「あの、***(俺達の会社の名前)のものですが、

ちょっとトラブルが

あったので至急H雄君お願いしたいのですが。。。」

「あの~、すみませんちょっと休んでまして、あっ今起こします」

「そうですか。いやじゃ他の人に連絡とってみます」

ここまで当然声色を変えて、あんまり長引くと

H雄が本当に起きてしまうので、

俺はすばやく電話を切りました。

それから俺は再度H雄の家へ電話をしたのです。

「あのAですが。。。」

「あっAさん、先ほどはありがとうございましたっ!」

「いやいや。あの今会社から電話があったんだけど、

ちょっと至急でやらなければならないことがあって。。。

会社に戻る時間が無いのでH雄君のPCを貸してもらえないかな?

今からお邪魔していいですか?」

当然なほこちゃんは疑うわけはありませんでした。

どうもすみません、と何度も何度も言いながら、

再度自宅に行くことを快諾してくれたのです。

俺は「H雄は寝かせてあげておいて」と付け加えることも、

勿論忘れませんでした。

武者震いがとまりませんでした。

気持ちを落ち付けながら、H雄の家に到着。

チャイムを押すと、なほこちゃんが飛んで出てきて

「どうもすみません、Aさんに迷惑ばっかりかけちゃって」と

かわいく謝ります。

俺のち○ぽに血が集まり始めるのがわかります。

居間を覗くまでドキドキでしたが、

H雄はまだ高いびきで眠っていました。

当然H雄の家のPCでどうにかなるわけも無いのですが、

なほこちゃんは仕事も違い事情に疎いのが幸いでした。

「PCはどこでしたっけ?」

「こっちの寝室なんです。ちらかってますけど」

なほこちゃんの後ろからついていきながら、

プリンプリンに揺れるヒップを見て、

思わずむしゃぶりつきたい気持ちを抑えました。

寝室に案内されて、PCの電源をON。

心配そうに横でなほこちゃんが覗き込んでいます。

俺のいちもつが振り抜かれました。

そのまま俺は努めて平静に、なほこちゃんの肩に手を回しました。

「えっ。どうしたんですか」

なほこちゃんは最初俺が酔っ払ってやってると思ったのと、

先輩だからという気持ち、H雄がやるべき仕事を

わざわざやってくれてる、という気持ちが混ざっていたのでしょう。

あまり抵抗しませんでした。

俺はそのままなほこちゃんの唇に自分の唇を重ねて、

ねっとりと嘗め回しました。


「あっ、Aさんどうしたんですか?だめです」

「なほこちゃん、君にずっと憧れてたんだ。好きなんだ」

「だって、だって」

なほこはかわいそうなくらい取り乱して、

半べそをかいてました。

「ねっ、H雄には絶対内緒にするから。キスさせて。ねっ」

「そんなだめです。うっ」

なほこが全部言わないうちに、

俺はまたなほこちゃんのかわいい唇にしゃぶりつきました。

そしてすかさず、エプロンの上からなほこちゃんの胸を

鷲づかみにして、ゆっくりともみ込み始めました。

「ん、んんーっ。だめですう」

「いいじゃん、もむだけ。これ以上はしないからさっ」

ここまでくればこっちのもの。

唇を奪って舌を絡ませながら、俺はすかさず

服の下に手を突っ込んで、ブラの上から

憧れ続けた なほこちゃんの胸に触れました。

そのやわらかくてでかいこと。

想像以上の感触に俺の理性ははじけ飛びました。

そのまま俺はすぐ隣のベッドに

なほこちゃんを押し倒しました。

さすがにこのときは、なほこちゃんも青くなって俺に言いました。

「だめですよ、これ以上は。Aさんきっと酔っ払ってるんですっ」

「いいよ、じゃあH雄呼ぼうか?」

この俺の一言になほこちゃんはハッとしてました。

「ねっ、好きなんだから、1回だけ、1回だけねっ。」

言うやいなや、俺はなほこの服を剥ぎ取って、

ブラもするりと脱がせました。

なほこちゃんのまばゆいばかりの白い巨乳が

眼前にこぼれ落ちました。

俺はそのまま、なほこの胸をなめしゃぶりました。

乳首を舌でころがしながら、

じんわりとパイオツを揉み込んで、

あらん限りのテクニックを駆使したのです。

「ああんああん、もうそれいじょうだめですっ。Aさん、だめだめ」

「好きだよ、なほこちゃん、

H雄なんかに勿体無さ過ぎるっ。なほこ~っ」

「あああっ。やめ、やめて、ああああん。」

「なほこ~っ」

「だめっ、あーっ」

もう余裕なんか消し飛んでいた俺は、

そのままなほこのパンティも剥ぎ取って、

むっちりした太ももを抱え上げて、

お○んこに顔をうずめました。

そのまま、ボインをやんわりともみ込みながら、

俺は舌を這わせます。

なほこの息遣いが荒くなり絶叫に近くなりました。

「だっだめーっ」

俺はやっと余裕が出て、

笑いをこらえることができませんでした。

(こんなに思い通り事が運ぶなんて!

ついについになほこちゃんのまんこなめてやったぜ。)

いっそう激しくおっぱいを揉みながら、

ベロンベロンに舐めまくりました。

「あああん。ああああああ~ん」

なほこは敏感なのでしょうか。

すごい声を上げ始めたのです。

そのままどれくらい舐めたでしょう。

俺はゆっくりと顔をあげ、

なほこちゃんの唇に再びねっとりと吸い付きました。

あんまりかわいいのでどうしたらいいか、と思うくらいでした。

ゆっくりと左手で巨乳をもみ、

右手でお○んこをいじくりながら、

なほこに尋ねました。

「なほこちゃん、ここまできたんだから入れさせてね。

H雄には内緒にするから」

「だめです、それだけは絶対だめですっ。お願いです。」

「本当に入れなくていいの?こんなになってるのに?」

「いやなんです。」

なほこが言い終わらないうちに、

俺はビンビンに張り詰めたモノを

なほこのおまんこにあてがいました。

「いくよ、なほこちゃん。今晩だけ、ねっ、なほこちゃ~ん」

「あーっ、いやーっ!」

俺はズブリと、なほこを貫きました。

なほこのあそこは案の定、具合がたまりませんでした。

「なほこ、なほこ」

「あっ、あっ、ああん、ああん」

俺のリズミカルで強力なストロークを

渾身の力でなほこに浴びせまくりました。

「あああ、あああ、いいやああ」

俺の金玉が、なほこちゃんの柔らかなお尻にあたって

「パンパン」という小気味いい音がします。

俺は逆に妙な余裕が出ていました。

「どうだ、なほこちゃん、H雄よりいいだろっ!」

「あんっ、あんっ、そんなこと、ないっ!」

「これでもか、ううん?」

「あんあんあん、だっだめそんなにうごかな。。。」

「動くのやめるか、やめようか」

「ああっ、やめないでっ」

「H雄よりAさんのチンポがいいって言ってみろ」

「Aさんのチンポがいいっ、いいですっ、あーっ、ああん」

「これからもこんなことしたいか?俺に突かれるまくるか?」

「そんなことできない。できないよ」

「じゃあやめるか」

「ああっ、いいですいつでもいいです、だから、だから。。。」

「だからこうしてほしいのか」

「ああああああん、だめーっ」

仲根かすみばりの美貌が赤く染まって、えもいわれぬ美しさでした。

俺もしっかりとはめ込みながらも、

なほこちゃんの顔じゅう嘗め回しました。

それからなほこバックからも突き倒しました。

ベッドのギシギシとした音がいっそう俺を駆り立てました。

なほこの巨乳を揉みしだきながら、何度も腰を打ち付けました。

「あっあっそんなにいっぱいついちゃ、だめ~っ」

「H雄はこんなに激しく突いてくれるのかい?」

「あんあんあん」

「どうなんだ。ええ?」

「こんなに男の人に突かれたの、はじめてです、あああん」

「はっはっはっ、なほこなほこ~っ」

「あーっ」

この言葉を聞いて俺も一気に我慢の限界に来ました。

なほこを再び仰向けに寝かすと、

自慢のコックでをあてがいました。

「なほこちゃん、もういっぺん聞くよ、

ご主人以外のものを入れていい?」

「だからいっぱいだめだって。。。あんなに言ったのに。。。」

「いいじゃん、いくよ~」ズン!

「あーっ、いやーっ」

「あといくつストロークできるか数えるよ、

いち、にい、さん、しい」

俺はいきおい良く数えはじめました。

「だめだめえ~っ、あんあんあん」

「いくよ、なほこちゃん。中に出していい?」

「きゃーっ、それだけはやめて下さい、お願いっ」

「じゃあこれからも俺に抱かれるな?

俺のおんなになると言え~っ」

「ああん。なります、Aさんに抱かれます、

女になります、ああ~っ」

「いくよ、いくよ、なほこちゃん、ご・め・ん・ね~っ」

「あああああああああああああーっ」

俺はたっぷりと、なほこの顔に、精液をぶちまけました。

すべて終わると、なほこちゃんは思い切り泣き出しました。

俺は優しく肩を抱いて、キスをしましたが

なほこちゃんはなすがままでした。

H雄が起きるといけないから、と言ってすばやく服を着せ、

自分も服を着ました。

居間を見ると相変わらずH雄は眠っていました。

(ごめん、H雄、いただきました)。

心の中で謝りながら、俺はその場を後にしました。

その後、あれをネタになほこちゃんを抱きたいと

何度も思うのですが、最後のなほこちゃんの涙を思い出すと、

なんとなくためらいが出てしまい、

今だにあれきり抱いていません。

あの時かなり強引にやったのに、それ以降まったくダメ。

本当になほこちゃんを好きになっています。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトの画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます