カップル喫茶でのスワッピング [エロ体験] - エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ

カップル喫茶でのスワッピング [エロ体験]

久々に出陣して来ました。自分達夫婦は、こんなとこに出入りする割に、行為そのものにはタンパクで自分達からは、あまり活動することがありません。
なので、だいたいソファーに座って回りの活動状況を観察したり、テーブル席で談話を楽しんだりというのが滞在時間の大半となります。

アプローチを受けた時も妻が了解した時しか行為に至らないので、何もなくと言うより夫婦活動を行なって退散となる事も少なくはないです。



 今回行ったのは二人で買い物に出かけましたが目当てのものが見つからず、あてもなく二人でブラブラしてましたが、この暑さもあり徒歩で屋外にいるのもタルくなり何処かに避難しようとして、じゃ久々に行ってみようか?みたいな流れで入場となった次第です。ここはカップルか単独女性限定の喫茶なのです。時間も早かったせいか行った時は、まだ誰もいませんでした。

二人でシャワーを浴びて、誰もいない空間でテレビ見たりベットルームでイチャイチャしてると一組入場してくるのが入口のドアに付いてるベルの音でわかりました。ベットルームで遭遇するとイヤなタイプが来た時に断るのが面倒なのでソファー席に避難し、彼らが登場する時を不安ながらも楽しみにして待っていると、感じの良さそうな同年代のカップルが現れました。場内を一回りしてきた彼らはソファー席に来て「静かですね~」と話しかけてきました。

「一組だけだと広く感じますよね」等、受け答えし天気や少しの雑談のあと「どうですか?一緒に」と、お誘いを受けたので断る理由も無かったので四人でベットルームへ向かいました。妻に確認は取りませんでしたが、妻は了解を出すというより拒否の場合、見た瞬間の反応がそれにあたり、ダメな場合は寄り添ってくるか、耳元で拒否表示というのが通例なので今回は一発ツモと珍しいパターンでもありました。


 自分達はバスタオルを巻いただけの一般てきなスタイルでいましたが、連れの女性の方は刺繍の入った赤の上下にガーダーベルト装着で、ビギナーではない雰囲気を醸し出していたので少し気後れしていましたが、接してみると彼の要望で装着している事がわかりホッとしていましたが、先陣を切ったのは彼女でした。バスタオルの隙間からそっと手が伸びてきて自分の物を優しく刺激して肩、首にキスをしてから唇へといった展開で、自分の目をじっと見たあとバスタオルを解き自分の物を口に含みました。

 やっぱ慣れてんじゃん!と思いながら妻に目をやると妻もバスタオルを解かれ胸を責められてるところで、スワップは無事スタート。ガーダーは見るにはいいが脱がすには面倒しかし、この彼女さんは色白でスタイルも良く顔も整ってて脱がしたいけど、このまま見てるだけでも一見の価値ありなんですが、心を鬼にして、先ずブラを取り外しました。

 Cカップの上くらいの胸の感触を楽しみながらフェラしもらい、再度妻に目をやるとあちら側は69の体制に移るとこで、その際妻と目が合いましたが、笑顔で答えてくれたので、もう安心かなと思い自分達の行為に没頭する事にしました。ガーダーのホックを外しパンティを下げるとキレイに整備された彼女の物が出てきました。

 土手の部分を残してキレイに剃毛され、備え付けのボディソープとは違った香り、たぶん香水だと思いますが、やたらいい香りがするその部分を口で愛撫しました。この展開だと最後まで行くだろうと69をしながらゴムを取り出し、妻の相手をしてくれている彼に渡すと彼もゴムを渡してきました。そして間もなく妻の声が大きくなり隣のベッドが激しく軋む音をたてました。心配する必要もなさそうなので、こちらは暫くマイペースで楽しみ、自分達が合体しようとする時に彼が果てました。

 正常位で彼女の感触を楽しみながら隣に目をやると妻がゴムを外した後の彼の物を口に含み最後の愛撫を加えてるところでした。コレは!珍しい光景であったのと嫉妬心からか自分の物の硬度が上がった様な気がしました。そんな雑念を払う意味も含め体位を替えバックで彼女を責め立てました。彼女は感度もよく手を回しクリを責めるとなんとも言えない声で反応し、男のやる気を奮い立たせてくれる。

 160センチないぐらいのサイズも自分には丁度よく、心地良い攻め具合を堪能していると彼女が一回目の絶頂を迎えました。腰の動きをスローダウンした所で「彼女さんとシャワー行ってきてもいいですか?」と、彼から提案があり、妻を見ると特に問題なさそうなので「ごゆっくり~」と送り出し、こちらの攻めを再開しました。


 体位を正常位に戻しキレイな顔がイクところを見てやろうと、本格的に攻め立てると彼女は何度も絶頂を迎えてくれ自分の自尊心を大きくかき立ててくれました。この間に何組か入場していたらしく薄いレースのカーテン越しに人影が見えましたが、構わず行為を続けていると「あたしじゃダメ?出せない?」と、この表情と目線、気遣いにはテンションがかなり上がり今日一のスパートを加え、舌を絡めながら彼女の中で果てました。

 大満足!暫くそのままの体制でいましたが、漏れてはイケないと彼女から離れると「さっき彼女さんもしてたよね?」とお掃除フェラで、ご期待以上のサービス。妻達が戻ってきて「シャワー空いてますけどどうですか?」と勧められたので二人でシャワーを浴びにいきました。あらためて見てもいい女だと思いシャワールームで後ろから抱き締め、振り返る彼女と濃厚なキスを楽しみ抱き締める強さが強くなる自分を抑えられなくなっていました。

 シャワーを浴びてベットルームに戻ると妻達は、二回戦に突入しており二つあるベットの片方は別のカップルが使っていたので、彼氏さんと目があった時に、別の部屋に行くねと手で合図し彼女と布団部屋にいきました。もう一組カップルがいましたが、二人で楽しんでいると「もう一回イイ?」と彼女さんから、お誘いがあったのでお互いを再度受け入れOKになる様に刺激してゴムを付けようとしたら

「長いから疲れちゃうでしょ?着けなくても私は平気だよ」と、ゴムを持つ自分の手を取り躊躇してると「お願い、来て」と、横になりました。罪悪感たっぷりながらも上に被さり彼女の感触を直に感じました。もう一組のカップルの視線は気になりましたが、この時間をじっくり楽しもうと、彼女に意識を集中させ彼女を歓ばせる事に専念しました。

 腕の中で悶える彼女がなんとも愛おしくなり、こんないい女いるんだな~と思いながら名前はなんて言うんだろうと思い聞くと「マキ‥マキって呼んで」と答えてくれました。そろそろ限界だなと思い「マキ出すね」と言うとしがみついてきて、耳元で「お願い中でいって!」と、更なるご提案があり「それはまずいだろ?」と返すと「お願い奥にかけて!」この一言でイキました。普段二回戦なんて滅多にやらない自分ですが、やたら出まくった。

 そんな感じでした。後始末もせず抱き合い舌を絡めて暫くその場でくつろいでると「ここにいたんだ?」と彼氏さんと妻が来ました。ヤバっ中出しバレると思ったら「シャワー行ってくるねわ」と妻達は行ってしまいました。マジ焦った。身の回りの物を手に取り移動しようとするとマキがフェラを始めお掃除フェラかと思ったら「もう一回お願い出来る?」と更なるアンコールが来ました。


「少し休んだら‥」と返事し妻達がシャワーから出てくるのを待ってから自分達もシャワーを浴びてると「ゴメンネ無理言っちゃって。でも相性っていうか、なんか感じちゃうんだ~」と、男心をくすぐる様なことを言ってくれるので自分の物は、いつにない早さで回復していきました。

 そのまま後ろから挿入しゆっくりしたスライドでマキを楽しみましたが「ベットでして」とマキが言うのでシャワーを浴びベットルームへ向かいました。途中にあるテーブル席で妻達ともう一組のカップルが談話していたので、行ってみると彼氏さんが「マキ今日は楽しんでるね」と声をかけてきました。

 隣に座っている妻の腰に手が回っていて、やや妬ける気分になりましたが、自分達の方がやる事やってるかと思いました‥妻に目線をやると楽しんでる感じなんでテーブル席にいるもう一組に「三人でうちのを開発しちゃってくださいよ~」と投げ掛けるとじゃあと四人で布団部屋に消えていきました。

 なぜ自分らを含めた6人じゃないんだ?と言う質問が来ない事に、やや不満を感じながらもマキとベットルームにシケ込み三回目を堪能しました。勿論ナマの中出しで。終わってからベットで話しをしてマキは32歳で、彼の要望で来てる事を知りました。好みの相手ではない時が多いので正直乗り気じゃない様です。今日もそうなるのかと思ってたら自分達がいたので今日は来て良かった♪と始めて思ったみたいで俺もそう思ったなんてピロートークをかましてると布団部屋から妻の声が聞こえてきました。


「行ってみようか?」と二人で布団部屋向かうと妻がもう一組の彼女に攻められていて、知る限りでは初レズの場面でした。マキは彼の元に戻り自分も妻のそばに寄ると、もう一組のカップルの彼が妻の口に自分の物を近づけ妻はそれを手に取りそのまま口で愛撫しました。マキと彼氏さんが布団部屋から出ていくのがわかりましたが、見送るのが嫌なので彼女さんを妻から離して横にしました。横にしてから四回戦は無理だろ~しかもゴム着けてと思いましたが、気力でこなし。

 妻も一皮向けたのか彼氏さんと本日何回目かの行為を行なっていました。終わって二人でシャワーを浴びカップル喫茶を後にしましたが、体力の消耗が激しくこのまま電車に乗るのは辛いので、駅前で食事がてら休憩していく事にしました。自分が「今日は珍しくだいぶ楽しんだろ?」と聞くと妻も「そーいうあなたが一番楽しんでた!」と互いに笑顔で責め合ってると、やたらマキが恋しくなる。正直、また会いたい。

 というより自分だけのモノにしたい、そう思わせるいい女だった。もっと色々聞いとけば良かった、ルール違反かも知れないけど連絡先を交換するとかできたはず。なんて妻の話も上の空で聞いて何を食べて何を飲んだかもわからず駅に向かうと、後ろから声をかけられ振り返るとマキカップルがいたのです。

「やっぱり電車でしたか~待ってたんですよ。あの後も結構楽しんだんですか?」なんて立ち話をしてると「良かったら時々会いませんか?」と彼氏さんから嬉しい提案を受けました。マキから目が離せない自分に動揺しましたが、妻が袖を引っ張り回答に困っているので「自分達で良かったら」と返事しました。「じゃもう少し話しましょう」とスタバに移動し連絡先の交換や互いの素性を明かせる範囲など ローカルルールについて話し合いました。


 彼らは横浜から来てるらしく職場も横浜で都内の自分達とは日常的なニアミスが発生しないのも好都合で、来月あたり再戦の約束をして解散しました。彼が妻をだいぶ気に入ったようで「マキ、待ち伏せをしてみよう!」という流れで、こうなったと聞きましたが、まさか!こいつ中出しされてねーよな?と疑いながらも良くやったと心の中で褒めてやりました。しかしテーブルの下でマキが自分足をコンコン蹴り続けていたことは二人しか知らない。

 そして当日は無理でしたが翌日二回戦サービスしてみました。ホント大儀であった。長くなりましたが、次回の対戦を更なる楽しみにするため走り込み体力増強すら事を決めました。




関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトの画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます