エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ








エッチな体験談

手術前夜に5回もしちゃいましたw

20歳の夏、朝シャワーを浴びていると急に背骨が痛くなり動けなくなった・・・救急車を呼ぶと、盲腸と診断。そのまま入院となった。5人部屋の病室に寝かされ、翌日手術のために下の毛を剃りに看護婦がやってきた。看護婦(和代)「加藤さん(私)、ちょっと恥ずかしいけど、明日の準備しますね」俺「(やべぇ~、若いじゃん!しかもかわいいし・・・大きくなったらどうしよう)はい、お願いします」和代「(・・・じょりじょり・・...

中に、奥に思いっきりください・・・

子供も二人生まれ、そろそろ打ち止めかな、と考えているとき、友人からパイプカットのことを聞いた。いろいろな避妊の方法はあるが、ほぼ完全な方法は男性のパイプカット。安心して、いろいろなセックスを堪能したい。早速、本屋で関連の書籍を購入して研究した。スキンも薬剤も不要で都合の良い避妊法。懇意にしている医師にも相談をすることにした。彼は幾人かの医師仲間がパイプカットを終え、副作用など無く優雅にセックスを楽...

看護婦さんに凝視されながらドピュ、と発射しました・・

見た目はなんとも無いのですがちんちんの竿の部分全体が痒くて、無意識のうちにズボンに手を入れて竿の部分を掻いたりしてました。そのうち掻いた部分が擦りむけたようになって、風呂に入るとヒリヒリして痛いので、しかたなく今朝電話帳で近場の皮膚科を探して行って来ました。医師は男性という先入観もあり、いまさらちんちんをさらけ出すのに大して抵抗があるわけでもないので、特に何とも思わずに受付を済ませて待っていました...

こんな美人の看護婦さんにしごいてもらっていると思うと・・

以前、階段を踏み外し、下まで落ちてしまったことがありました。一人暮らしだったので、自分で救急車を呼びました。 左足首の骨折・右腕骨折・腰部打撲。その場で入院になってしまいました。6人部屋は満室で個室しか空いていなかったので個室に回されましたが、古い病院なので料金も3500円高いだけだったので保険で全然まかなえました。寝間着も何もない入院生活が始まりましたが、あまりに不便なので看護婦さんに頼んでとりあえず...

白衣のボタンを全て外すと陰毛が…

以前血管の病気で入院手術をした時にねいろいろとお世話になった担当の看護師さん。歳は36歳の松岡一美、2児のお母さん看護師さん旦那とは2年前に離婚し子ども達を母親が面倒を見てくれているとかで夜勤もこなす看護師さんである。今回もまた少し入院することに為り、以前入院していた301号の個室に。なぁ~にまた再発?うん、そうみたいまたお世話に為ります。任せなさい!直ぐに治り退院させちゃうから(笑)イャ!一美さんの顔を...